結婚して2年。ありがたいことに子宝にも恵まれ、私たちは一見ごくごく普通の家族だと思います。

そう、収入が平均ちょっと低い以外は。

共働きでもいっぱいいっぱいですが、なんとかやりくりしている状況です。
そんな中、子どもが生まれるにあたってこのままじゃイカンと。保険やら学費やらしっかり子育てをしていかなければならないため、初めて家計を見直し節約できるところがないか徹底的に洗い出しました。

  • 【光熱費】洗濯に残り湯を使い、無駄な電気はつけない。風呂は一緒に入る。
  • 【食費】無駄な外食を減らし安いスーパーでまとめ買い&冷凍
  • 【雑費】お小遣いの減額、ガソリン節約のためエコ運転
  • 【その他】還元率のいいクレジットカードにて決済してポイントGET

一般的に言われている節約する術は一通りやったつもりですが、月で計算してみると微々たるものでした。ちりも積もればとは言いますがもっと出費を抑えたい。

本当に無駄なものがないか、もう一度リストアップしたものを見直すとやけに金額が高い項目がありました。

それが通信費です。インターネットの固定回線、夫婦二人のスマホ代。

いるかいらないか、どちらか答えなさいと言われれば即答でしかもカブセ気味に『必要!』と答える自信がありますが、私達の生活スタイルの中でそれだけ支払っているほど恩恵を受けているのかと考えた時に、疑問が残りました。

幸いにも固定回線がeo光、スマホがauだったのでいわゆるスマートバリューが使えたため割引があったのでよかったのですが、それでも通信費として2万3千円ほど月々にかかっていました。

できればこの通信費を半額にしたい

月に1万円節約ができるのなら、こんなに幸せなことはありませんよね。年間で12万円。旅行いけちゃいますもんね。うそです、しっかり子育てのために使います。

そこで、どうすれば通信費を抑えることができるのかを徹底的に調べました。
固定回線は今のままでいいのか、スマホの料金プランの見直し、キャリアの乗り換え、格安スマホ・格安SIMなどあらゆるパターンと私達のネットの使い方を考えてシミュレーションした結果

理想だった通信費を約半額まで節約することに成功しました。

特に裏ワザ的なことはしておらず、月にどれだけ通信料があるのかをしっかりと把握してそれに合ったプランを選ぶだけで今まで家計を圧迫していた通信費が節約できたのです。

ここでは、私たちが行ったすべてをあますところなく順番にご紹介していきます。

もちろん、すべての人にマッチするわけではありませんが、何かのヒントにはなるはずですのでぜひ参考にしていただければと思います。

おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。