大手キャリアから格安SIMにして基本料金やデータ通信料などが節約できても、請求書を見て意外と高いと感じることがあります。

格安SIMの通話料は30秒/20円なのですが、実は大手キャリアも同じ金額なんです。

では、何が一体違うのかというと大手キャリアには家族間通話無料や1回5分の通話が無料などがありますが格安SIMは通話に関して割引サービスがないんですね。

つまり、格安SIMでは通話料がまるまるかかってしまうということになります。

ですのでちょっとしか電話していないと思っても1ヶ月積み重なると結構な通話料になってしまっていることも・・・

そんな格安SIMの通話料を節約するポイントは3つあるんです。

  • 楽天でんわなどのアプリを使う
  • LINEなどの通話機能を使う
  • 通話割り引きがある格安SIMを選ぶ

どれもうまく使えばかなり通話料節約に貢献してくれるのでみっちり解説したいと思います。

どんな格安SIMでも使える楽天でんわは必須アプリ

まずは電話アプリを使う通話料節約方法をご紹介します。

電話アプリの中でも通話料の節約になると広く知られているのが「楽天でんわ」です。

楽天でんわから電話をかけるだけで通常30秒/20円の通話料が30秒/10円と半額になっちゃいます。

しかも、楽天でんわは無料アプリなうえに利用料金も無料!かかるのは通話料だけというウソのようなサービスなんです。利用開始も簡単で下記の手順の通りすすめるだけです。

  • 1) 楽天でんわのサイトから無料登録する
  • 2) 楽天でんわのアプリをダウンロード&インストール
  • 3) 初期設定を行う
  • 4) あとは楽天でんわから通話するだけ!

ちなみに楽天でんわはIP電話やLINEの電話のようにインターネット回線を使ったものではなく電話回線を使用しているので通話品質は通常の電話と変わりありません

ちゃんと相手に番号も表示されるのでいつもの電話と同じように操作すればOK。違うのは標準の電話アプリからではなく楽天でんわからかける、ということだけで通話料が半額になっちゃいます

なんで半額になるの?セキュリティ的に大丈夫?などの不安があると思いますが、楽天でんわについては詳細にレビューしましたので合わせてご参考ください。
楽天電話を使えば格安SIMでも通話料が節約できる!

ちなみに、私は電話をかけるとき楽天でんわオンリーです!

MVNOで提供している電話アプリを使うのもOK

IIJ mio(通称:みおふぉん)であればみおふぉんダイアル、DMM mobileであればDMMトークなど各MVNOが提供している電話アプリを使うのも通話料節約になります。

楽天モバイルと何が違うのかというと、ぶっちゃけ一緒です。ただし、そのMVNOの契約していないと使えないケースがほとんどですのでご注意ください。

LINEやSkypeなどを使って通話料タダで電話する

最近のSNSはチャットばかりでなく通話できる機能が付いているものが多いですよね。

LINEの無料通話を使っておられる方、多いんじゃないでしょうか?私もよく使っています。

通話料を気にせず電話できるため、これだけで十分だと思われがちですが2つほど注意点があるのをご存知ですか?

  • 電話料金はかからないけどデータ量はかかっている
  • インターネット回線の状況によって品質にバラつきがある

LINEの無料通話は電話回線ではなくインターネット回線を使用しているため通話している間はデータ量を消費しています。どれくらいかというと、LINE無料通話1分0.3MB、LINEビデオ通話1分3MBほどのようです。

無料通話を1時間しても18MBほどの消費なのであまり月額データ量には関係ないじゃんと思われるかもしれませんが、データ量を消費しているということは覚えておくとよいでしょう。

また、インターネット回線を使っているので通話品質がいいとは言えません。私も急に音声が割れたり遅れて聞こえてきたりする現象に遭遇したことがあるんです。

それ以来、重要な電話はLINE電話ではなく楽天でんわから通常の電話回線を使うようにしています。

とはいえ、通話料がかからないのは魅力なので家族や友達同士で使うにはLINEの無料電話で十分ですよね。

LINE Out(旧LINE電話)とは違うの?
トークの画面にある無料通話はインターネット回線を使用しているのに対し、LINE Outは電話回線を使う方法となります。どちらかというと楽天でんわに近いといえるでしょう。確かに通話料は楽天でんわより安くなるのですが、コールクレジットを買わないといけないため面倒っちゃ面倒ですのであまりおすすめしません。

格安SIMで最強の通話料節約術は使い分け

私の周りの格安SIMを使っている人に話を聞くと、電話はLINE無料通話のみであったり、逆に楽天でんわのみ、という人が少なからずいます。

モッタイナイ!ホントモッタイナイ。

一番最強なのは家族・友人などの電話はLINE無料電話、仕事や重要な話がある場合は楽天でんわと使い分けることです。

特に楽天でんわを知っているけどめんどくさいから入れていない人が多すぎる!Mottainai!

無料で使えるサービスは使い倒さないと、せっかくの格安SIMが格安じゃなくなっちゃいますよ〜。

もし、ここで楽天でんわは後でいいやと思っている人がいたなら、すぐに登録しておいたほうがいいですよ!また後で〜、なんて考えているとネットサーフィンに時間を取られて楽天でんわのことなんか忘れてしまうんでしょうから!

何を隠そう、この私も楽天でんわを知ってから登録したのは2ヶ月ほど後になってから・・・。その間の通話料は普通に高かった・・・

と、いうか通話割引のある格安SIMにすればOK

ここまで電話アプリをゴリ押ししていてなんじゃそりゃ!って感じでしょうか。私も、書いててそう思います。

でも最近、格安SIMでも通話料が割引になるサービスを開始しているMVNOが増えてきました。

中でもおすすめなのがBIGLOBE SIMです。

BIGLOBE SIMならお得な通話パックがある

  1. BIGLOBE SIM

    価格
    プラン
    速度
    プラン:
    音声つき3GB
    価格:
    1,600円(税別)
    大手プロバイダーのBIGLOBEが提供しているBIGLOBE SIMには1,200円分の通話料が650円で使える「通話パック60」というオプションがあります。

    これはBIGLOBEでんわというアプリを使って通話した際に、国内通話が最大60分まで650円で使えるというものです。

    いやぁ、月に1時間も話さないし別にいいかな、と思われるかもしれませんが実は月に32分30秒以上通話するなら安いんです。

    例えば、1日2分、仕事の電話や「今から帰るね〜」などで電話を使っている場合1日/2分 x 30日 = 60分も通話していることになるんです。

    そんなに電話してない、と思っていても意外とかかるのが通話料です。音声付きプランを選ぼうとしているということは、少なからず「電話の必要性」があるからではないですか?

    であれば、はじめから通話割引があるBIGLOBE SIMはおすすめですよ〜。

    最大24カ月間、月額利用料が200円引き!「BIGLOBE SIM」特典実施中

おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。