ドコモ端末が使える格安SIM速度比較2016年3月

今までauで使える格安SIMの通信速度比較をしていましたが、この度ドコモで使える格安SIMの通信速度もチェックすることにいたしました!

計測する時間帯は変わらないのですが使用するのはモバイルルーターでのWi-Fi接続でのチェックとなります。詳細は下記の通りです。

  • 場所:大阪府内、通勤経路および勤務先、自宅
  • 時間:朝8時、昼12時半、夕方18時、夜中0時の合計4回
  • 計測対象:FREETEL、DTI SIM、OCNモバイルONE、0SIM by So-net
  • 使用ルーター:Aterm MR04LN(2.4GHz使用)
  • 使用端末:iphone5(iOS9.2)
  • 計測アプリ:speedtest
  • 計測方法:連続して3回チェックしたあと、SIMを切り替え。
    2つのSIMが終われば別の2枚を差し替える。

auの格安SIMはiPhoneの台数が足りたのでスマホでのチェックができましたが、ドコモ端末がそれほど手元にないため、デュアルSIMが使えるAterm MR04LNでSIMカードを切り替え&差し替えながらの計測になります。

Wi-Fi接続となりますので実際SIMカードをスマホに挿して計測した結果とは異なる可能性もありますが、使うルーターは同じなので速度比較としては参考にしていただけるかなと思います。

また、SIMの切り替えや差し替えに若干の時間がかかるため「よーいどん!」と同時刻の速度測定では無いことをご了承ください。

まだ持っている格安SIMが少ないのですがこれから増やしていく予定ですので定期的に覗いていただけるとありがたいです。

【2016年3月20日追記】
3月前半のチェックを3月8日に、中旬のチェックを18日に行いました。

最新情報を追加していますのでご参考ください。

2016年3月18日:格安SIMの速度比較

8時の通信速度チェック

格安SIM速度比較2016031808
揺れる電車内でSIMカードの差し替えを行うため、SIMを落としかけたのは秘密です。

通信速度としてはどのMVNOも下り1Mbps前後と、どんぐりの背比べ的な感じになっています。ブラウジングはなんとか見れるくらい、SNSは動画や画像が無いテキストだけだと使えるくらいの速度です。

唯一気になるのは、0SIMのPING値が飛び抜けて遅いこと。まぁ、普通に使っている分だとあまり気にしなくていい数値ではありますが、これだけ差があると気になってしまいますよね。

12時半の通信速度チェック

格安SIM速度比較2016031812
ここに来てFREETELが速度を上げてきました。これが見たかったんですよねぇ。

DTIも平均で3Mbpsほど出ているので通常利用はできる速度を保っています。

ただ、OCNモバイルONEと、0SIM by So-net・・・。
下り0.3Mbpsは速度制限がかかった時並に遅いです。

画像が入ったページを見ようものならフリーズしてしまっているのではないかと思うくらい、遅いです。

18時の通信速度チェック

格安SIM速度比較2016031818
ここでもFREETELが他のMVNOを引き離して下り3Mbpsほど速度が出ていました。

DTIも1Mbps前後と頑張っていたのですが、問題なのはOCNと0SIM

どうも下り1Mbpsの壁を超えられない模様。

1日を通してこれじゃあ、ちょっと使いにくいですねぇ・・・。

2016年3月8日:格安SIMの速度比較

8時の通信速度チェック

いずれはやろうと思っていたドコモで使える格安SIMの速度比較。

揺れる電車内でSIMカードの差し替え(しかも2枚同時)という作業が思いのほか大変でした・・・。

頑張った結果をご覧ください!

格安SIM速度比較2016年3月8日8時

他の速度比較しているサイトよりも、低速な結果になりました・・・。

唯一早かったのがSo-netの0SIMでした。OCNモバイルONEも善戦しているかなぁという印象。

早いと評判のFREETELはこの通り、DTI SIMと同じく下り1Mbpsの壁で苦しんでいる様子でした。

実際使ってみると下り1Mbpsという速度では動画はもちろん、画像が多いサイトが遅くて開けない、SNSも画像が多用されているようなものは使い物にならないという感じでした。

今回、朝の速度比較では0SIMが意外と高速だという結果になりました。他は朝の通勤ラッシュ時にちょっと調べごとを〜、と思ってスマホを出してもページの読み込みが遅くて会社に着く前にストレスが溜まる原因になりそうです。

とはいっても、0SIMは499MBまで無料でそれ以降は料金がかかるという従量課金制ですので、メインで使おうと考えているなら割高になります。

12時半の通信速度チェック

格安SIMの真の力が試されると言っても過言ではない、平日の12時半。

カップ麺をすすりながら、そして手についた油に細心の注意を払いながらSIMの差し替えを行いました。

格安SIMの速度比較2016年3月8日12時半

OCNモバイルONEがどうして2回しかないんだって?

別にサボったわけじゃないですよ!

実はOCNの測定をした時に、何回も、なんかいも「レイテンシのなんたらかんたらに失敗しました」というエラーが出て先に進まなかったため測定できていた2回まででストップしたというワケなんです。

結果はご覧の通り、激遅・・・。頑張れOCNモバイルONE!

0SIMも下り1Mbpsの壁を破ることができない様子ですが、平日昼間だということを考えるとコレが平均点なんですよね。

そんな中、違いを見せたのがFREETELとDTI SIM。

多少、速度の幅はありますがこの時間に下り5Mpbsを超えるのはかなり優秀です。動画ストリーミングもストレスなく見れる速さをキープしています。

ただ、FREETELに至っては動画視聴などデータ容量をたくさん使う通信に限って速度規制を行っているというウワサもあるため実際の使用時にはスピードチェックした値よりも遅く感じられることがあるようですね。

18時の通信速度チェック

仕事帰り、電車を見渡すとスマホを触っている人が本当に多いですよね。

その中で、スマホをいじっているのかとおもいきやMR04LNを持っているのが私です!SIMの切り替えに40秒かかるんですよねー・・・。

っと、個人的な感想は置いといて。帰宅ラッシュ時の速度比較の結果です。
格安SIMの速度比較2016年3月8日18時

どの格安SIMもパッとしない結果。

現場からは以上です。

日付変わって0時の通信速度チェック

日付が変わる辺りから計測した深夜の速度チェックの結果がこちら。

格安SIMの速度比較2016年3月9日00

みんな、夜中に元気なご様子

FREETELが若干遅いのが気になりますが、それでもブラウジングやSNSなら問題ない速度です。画像が多いとちょっとしんどいかな、という感じですね。

OCNモバイルONEと0SIMは下り5Mbps出ているので、まぁ合格点といったところ。Youtubeも、十分に見れる速度です。

DTI SIMは夜が一番ハッスルしてますね。10Mbpsも出ていれば高画質のオンラインゲームでもしない限り快適に使えます。

今日の速度比較について

一日を通して、他のサイトで計測/公表されたものよりも全体的に遅いという結果になっています。

場所や測定方法、端末などが全く同じではないため結果が違うのは当然だと言ってしまえばそれまでなのですが、あまりにも差があるのであくまで参考として見ていただけると幸いです。

おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。