格安SIMに興味があるけど、ちゃんと繋がるか心配?
格安スマホそのものを実際に使ってみてからちゃんと決めたい?

確かにそうですよね。大手キャリアだと回線が混んでいる時間帯とかあまり気にしないですが、格安SIMについて調べていると昼間にネットが遅くなって使いにくいとか、格安スマホってなんだか安っぽいイメージがあるしスペックが良いとは言えちゃんと今まで通り快適に動作するのか前もって知りたいですよね。

そこで、おすすめしたいのが15日間無料で格安SIM、格安スマホをレンタルで体験できる「try UQmobile」です。

完全に無料で試せるため全くデメリットはありませんので、格安SIMに興味がある方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

公式サイトを見てみる ⇒ UQモバイル

※当サイト限定!スマホとセットなら最大13,000円分の商品券をプレゼントキャンペーン中!

try UQ mobileを利用するまでの流れ

try UQ mobileはWEBからのみ申し込むことができますが、その前に用意しておかないといけないものをご紹介します。

try UQ mobileに必要なもの

  • クレジットカード
  • キャリアメール

try UQ mobileは無料で試すことができますが、登録時にはクレジットカード情報の入力が必要になります。返却が遅れたり著しく破損したりすると違約金が発生しますのでそのためかと思います。

また、登録時にはキャリアメール(〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jpなど)の入力が求められます。GmailやYahooメールのアドレスでは登録できませんのでご注意ください。

また、その他の申込み条件として下記も書かれていますので合わせて確認しておきましょう。

  • 日本国内に在住で20歳以上
  • 過去180日間以内にtryUQmobileの利用履歴がない、もしくは貸出機器のみ返却履歴が無い方
  • サービスの利用規約に同意頂ける方

try UQ mobileの申し込みフロー

  1. ①仮登録(仮申込み)

    try UQ mobile申込み画面

    try UQ mobileのページの中央に申し込みのボタンがありますので、そこをクリックして仮申し込みを行います。利用規約を確認して同意したあと、申し込むボタンをクリックすると、受信可能なメールアドレスを携帯メールアドレスを入力する画面に移動します。
    表示された項目全てを埋めたあと、仮登録のボタンを押すとメールアドレス宛に仮登録完了メールが、携帯アドレス宛に開通コードが届きます。

  2. ②本申込

    メールアドレス宛に届いた仮登録完了メールの本文内に、認証URLが記載されているのでそこから本申込を行います。表示されている項目に沿って入力してください。認証URLクリック後に表示される画面で、携帯アドレス宛に届いた開通コードが必要となりますので用意しておきましょう。

  3. ③機器の発送

    入力内容に不備がなければ貸出機器が発送されます。14:30までに受付が完了すると当日発送されますので、早くお試ししたい場合は14時までには申込みを行っておきましょう。交通状況にもよりますが、およそ2,3日後には到着するはずです。

  4. ④機器の受取、レンタルスタート

    機器を受け取ったら、try UQ mobileスタートです!自分のスマホにSIMを挿して使うもよし、スマホとセットでレンタルなら今の端末と使い勝手を比較するのもありですね。思う存分、UQ mobileを使い倒してください。

  5. ⑤お試し終了、機器返却

    本登録完了時のメールに記載されている返却期限日に必着するように返却しましょう。UQへ機器が返却される返却手続き完了メールが届きますので、確認を忘れずに。

try UQ mobileを利用するにあたっての注意点

さて、完全無料で使えるtry UQ mobileですが注意点があります。詳しくは利用規約を熟読していただくとして、ここではインパクトの大きい注意点をご紹介します。

15日間まるまる使えるわけではない

UQモバイルのサイトには「15日間無料でお試し」と書いてあるのに、どういうことかといいますとこの15日間は機器の発送から機器がUQへ返却されるまでの期間を差します。

つまり、機器の到着までの2,3日と返却期日に間に合わすために2日前に送付したとすると実質、フルで使えるのは10日ほどということになります。

決してSIMが届いて利用開始した日から宅配の窓口に持っていく期間が15日ではないのでご注意ください。

違約金が発生する場合がある

try UQ mobileは登録料、通信料、レンタル料、配送費用などの費用が一切かからず無料で試すことができます。

ただし、スマホそのものを破損してしまったり返却期限が過ぎてしまった場合には違約金が発生してしまう可能性があります。

とは言え、普通に使っていたら問題ないですし、返却期限もちゃんと登録完了メールに書いてあるのでリマインダーなんかに入れておけば忘れないで済みますよね。

いくら無料とはいえ、借り物なのでちゃんと扱っておけば違約金なんて全く気にしないでOKです。

格安SIMへの不安を払拭するには試してみるしかない!

格安SIM、格安スマホってよく聞くしスマホ代がめっちゃ安くなるってことも知ってる。実際、興味はあるんだけどいきなり乗り換えるのはちょっと・・・という方、いますよね。

try UQ mobileなら、そんな悩みが一気に解決しますよ!

申込みから返却まで完全無料で試せるんですから、気になってたらやってみないと損です!

実際にUQモバイルにするかどうかは別として、格安スマホってこんな感じなんだーをタダで体感できるんで使わない理由はないと思いませんか?

15日間使ってみて、これだったらメイン回線を乗り換えても大丈夫と判断したなら、おそらく今のスマホ代の半額以下で抑えることができます。メイン回線にするのは怖いけど、データ通信専用と割り切るのもOKです。

いくら人の口コミやレビューを見ても自分で触ってみないことにはピンときませんよね。

try UQ mobileはUQモバイルだけでなく、格安SIMのことが気になっている人全てにおすすめしたい、画期的なサービスです。

ぜひ一度、格安スマホの世界を体験してみませんか?

レンタル終了後は、今までのスマホ代ってなんて高かったんだ、と考えてしまうはずです。

おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。