外出先でPCをインターネットに接続できるポケットWiFiはデータ容量が無制限じゃないと使いものにならない!という声が多いようで最近では月間のデータ容量の上限がないプランを用意しているところが増えてきました。

Y!mobileやWiMAX、格安SIMなど様々な会社が提供しているので、通信速度やエリア・価格など、どれが一番自分にあっているのかわからないですよね。

そこで、ポケットWiFiの中でも無制限で使えるプランを提供しているおすすめの3つを絞って比較してまとめました。

他にも同じように無制限のポケットWiFiを紹介しているサイトはありますよ。でも、どこを見てもWiMAXばかりオススメしているのですが使い方や使うエリアによっては全く役立たずになることもあるのでちょっと違和感を感じました。

そこで、このページではこんな使い方をする人、こんな目的の人にはにはどのポケットWiFiが一番おすすめなのかを考えて2つ厳選してみました。それぞれのメリット・デメリットも徹底的に調べあげてまとめましたのでご参考ください。

こんな使い方するならこのポケットWiFiの無制限がおすすめ!

  1. 通信速度の速さを求めるなら「WiMAX」


    価格 4.0
    速度 5
    おすすめ度 3.5
    月額:
    3,000円前後
    契約期間:
    2年

    WiMAXのギガ放題プランは月間データ量無制限であるものの、3日の通信制限が設定されています。ただし、制限中でも下り5Mbpsは出るため快適に使えるのが強みです。とはいえ、室内に弱いため前もって使う場所で電波が拾えるかのチェックを忘れないようにしましょう。

    申し込みは公式サイト以外でも様々なプロバイダーから選ぶことができるのも特徴で、キャッシュバックやタブレットプレゼントなどのキャンペーンを利用すればかなりオトクに使うことができますが公式サイトからの方がUQ独自のサービスが使えるのでおすすめです。

    管理人のレビュー

    速度も速く月間データ容量無制限で申し分ないWiMAXですが建物・室内に弱いというデメリットがあるため、全ての人におすすめです!とは言いがたいので総合評価としては3.5といったところ。逆にいえば、いつも使うエリアが快適にWiMAXの電波を受信出来る環境であればベストな選択肢です。

  2. 価格重視なら格安SIMの「DTI SIM」

    DTI SIMプラン

    価格 5.0
    速度 3.0
    おすすめ度 3.5
    価格:
    2,200円
    契約期間:
    無し

    格安SIMとしては後発組に当たるDTI SIMですが、DTI自体は古くからインターネットプロバイダーとしての実績があり、ネットワーク周りでは信頼が高い会社です。プランは「ネット使い放題」が月間データ容量無制限となります。

    ポケットWiFiとしてはかなり安いのですが、よくある2年縛りがないも格安SIMならではのメリット。そしてプラン変更も可能なので無制限もいらないと感じたら月3GBなどにするともっと安く使うことができます。

    管理人のレビュー

    格安SIMといえばスマホだけと思われがちですが、SIMフリーモバイルルーターとセットで使えばポケットWiFiとして使うことが出来ます。中でもDTI SIMは使い放題プランを打ち出しており、ガッツリ使う人におすすめです。月額料金が一番安いですが、平日昼間や通信が集中する時にはめちゃ遅になりますので要注意。

ポケットWiFiの無制限を選ぶ前にそれぞれのメリット・デメリットを比較

数多くあるポケットWiFiの種類の中から月間データ容量が無制限で使えるものをピックアップしました。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、比較して自分にぴったりなポケットwifiを選びましょう!

高速通信が魅力のWiMAX

WiMAXのメリット

  • 下り220Mbpsの高速通信が可能
  • というのは、理論上の話。
  • WiMAXの本当の強みは速度制限に掛かっても速いこと
  • キャッシュバックを利用すれば月3,000円ほどで使える

WiMAXのデメリット

  • 他と比べて使えるエリアが狭い
  • 特に室内で使うには要注意
  • 契約はいわゆる2年縛り
初期費用/事務手数料 ルーター代 月額費用
3,000円 無料 約3,000円ほど(キャッシュバック額により変動あり)

ポケットWiFiと同じくらいネームバリューがある「WiMAX」は他社が次々と月間の上限設定をしていくなかで、無制限プランを守り続けています。

月間のデータ容量が無制限の「ギガ放題」がメインのプランになりますが、3日間で3GB使うと速度制限があります。

速度制限、というと200kbpsにまで落とされて使えなくなるという印象を受けますがWiMAXは速度制限されていても下り5Mbpsを超える速度が出るんです。Youtubeの標準画質やひとつ上の高画質ならストレス無く視聴出来るレベルの速度になります。

また、プロバイダーによっては3万円を超えるキャッシュバックがあるため2年間の合計金額から値引くと月3,000円ほどで使えるというのも魅力です。他のポケットWiFiとくらべて安く使えるのはいいですね。さらに、auスマートバリューmineの適用でauスマホの利用料が最大934円安くなりますのでauユーザーならさらにオトクになります。

デメリットとしてはWiMAXの電波の特性上、建物や室内に弱いこと。

昔は室内に入ると即アウト、なくらい使いものになりませんでしたが、最近はルーターの精度が上がったのか部屋の中でも比較的電波が入りやすくなっています。実際、私は家の固定回線を解約してWiMAX一本なのでいろんなところに持ち運びますが、思ったよりも電波が入る場所が多いですね。

とはいえプラチナバンドを利用するドコモLTEの回線網を使うポケットWiFiと比べると使えるエリアが狭いのは弱点と言わざるを得ないでしょう。

よく使う場所がWiMAXのサービスエリア内か予めチェックしておくのもいいですし、try WiMAXでお試しするのもアリですよ〜。

モバイルルーターとセットで使える格安SIM

格安SIMのメリット

  • 安い!
  • 2年縛りなし!
  • ドコモのネットワークを使っているのでエリアは広い

格安SIMのデメリット

  • 通信速度、遅め
  • 昼間は壊滅的に遅い
  • ルーターを買う必要がある
  • 設定がめんどくさい
初期費用/事務手数料 ルーター代 月額費用
3,000円 機種によって違う だいたい2,000円前後

ポケットWiFiといえば、WiMAXのように「外で使えるモバイルルーター」が主流でした。しかし最近では格安SIMのデータ専用プランでもデータ上限が無制限のプランが次々と登場しており、ポケットWiFiとして使えるようになってきたんです。

格安SIMをポケットWiFiのように使う最大のメリットは安いことです。

WiMAXは月3,000円〜4,000円なのに対して格安SIMは2,000円代で使えちゃいます。

そして更に契約期間が決まっていないので「ポケットWiFi=2年縛り」という呪縛から解き放たれることになります・・・!

と、ここまではいいことづくしの格安SIMですがやはりデメリットも存在します。

当サイトでも定期的に格安SIMの速度調査を行っていますが平日昼間の速度がびっくりするくらい遅いです。

契約するMVNOによってバラつきはあるものの1Mbpsを切るところがほとんど。どのくらい遅いかというと、例えば、TwitterやFacebookのテキストは見れるけど写真が見れないといったことが起こります。(今日のランチはコレです!ってタイムラインで流れてきても「どれよ!?」状態)

もし昼間に外出先でガシガシPCを使うことがあるならばちょっと不向きかもしれません。

そして、MVNOによってはルーターとセットで販売されていますが、基本的にはSIMフリールーターを購入して、自分でAPN設定を行わなければなりません。と、この説明でちんぷんかんぷんになっている場合は、ちょっと敷居が高いかもしれませんね。

とはいえ設定自体は説明書通りに進めれば問題ないため順を追ってやれば簡単なのですが、ただ安いからといって格安SIMとモバイルルーターに手を出すと使いはじめるまでに苦戦するかもです。

ポケットWiFiについてよくある質問

キャリアが提供しているポケットWiFiってどうなの?

au、ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアでもデータ通信端末としてモバイルルーターの契約を行うことができます。

一言にキャリアのポケットWiFiといっても、それぞれに特徴がありますので比較表にまとめてみました。

キャリア エリア 下り最大速度 無制限プラン 料金 通信制限
au au 4G LTE / WiMAX 370Mbps あり 無制限:4,380円 / 7GB:3,696円 直近3日間で3GB(制限時128kbps)
ドコモ LTE / Premium 4G / FOMA 370Mbps なし データMパック(5GB):7,000円(ずっとドコモ割なし) 直近3日間で3GB(制限時128kbps)
ソフトバンク SoftBank 4G LTE / SoftBank 4G 187,5Mbps なし 7GB:3,696円 直近3日間で1GB?(制限時128kbps)

上記の表の通り、キャリアのポケットWiFiで無制限プランがあるのはauのみとなります。と、いうかauはWiMAXそのままのプランですね。

ソフトバンクはエリアも料金もY!mobileと同等のプラン、ドコモだけ独自となっています。

同じキャリアのスマホを使っていればいくらか割引はききますが、それだけです。

auならWiMAXを別プロバイダーで契約したほうがキャッシュバックなどの特典がありますし、ソフトバンクは無制限がないですし、ドコモに至っては高い・・・。

スマホの機種変や修理などでショップに行くと店員さんからモバイルルーターはいかがですか?と勧められることがありますが、ポケットWiFiを無制限で使うことを考えているならやんわりと断りましょう。

そういえば、Y!mobileは?

ポケットWiFiと言えばY!mobileをイメージする方も多いと思います。確かに、Y!mobileはポケットWiFiを提供しているのですが無制限プランがありません

この記事ではあくまでも「無制限プランのあるポケットWiFi」の中でおすすめの会社・プランをまとめていますのでY!mobileについては記載していません。

無制限にこだわらなければおすすめかと聞かれると、ぶっちゃけあんまりおすすめしません。と、いうのも、料金面だと格安SIMの方が安いですし、速度面だとWiMAXが上・・・ということになります。

悪くはないのですが、これといって目立つ特徴がないためY!mobileにするなら他のポケットWiFiも比較してみることをおすすめします。

レンタルのポケットWiFiってどうなの?

まず、毎月、数回の出張でポケットWiFiが必要、という場合でも定期的に使うのなら月額で契約したほうが圧倒的にオトクです。

そうではなく、ずっと使う予定はないんだけど出張で1日、2日くらい短い期間だけでいいからポケットWiFiが欲しい、ということもあると思います。

1日数百円くらいで借りれるので「ちょっと使い」には確かに便利そうですが・・・送料のことも考えるとあまりおすすめしません。

最近は公衆無線LANが整備されているホテルやカフェも多いですし、スマホのデータ量に余裕があればテザリングするのもいいでしょう。セキュリティが気になるのならウイルス対策ソフトのインストール、VPN接続などを行えば普通に接続するよりもセキュアなアクセスが可能になります。

私がおすすめしたいのはUQ WiMAXが提供している「try WiMAX」です。2週間ほど、WiMAXを無料で借りることができるので、予め必要な日程が分かっていればそれに合わせて借りておくと費用負担無しで期間限定ではありますが、無制限のポケットWiFiを手にすることができます。

キャリアメールがあれば申し込みが可能なので一度チェックしてみてはいかがでしょうか

WiMAXだと、電波が届きにくいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ルーターによってはau 4G LTEが利用可能なハイスピードプラスエリアモードが使えるものもあります。本契約時には別途費用がかかるハイスピードプラスエリアモードですが、try WiMAX時には無料で使えるようです。

つまり、WiMAXの高速通信が使えるだけでなくauのカバーエリアで使えるため、不通の場所は限定的と言えるでしょう。

ただ、連続して借りることはできず次に利用しようと思うと、90日間あけないといけないので頻繁にポケットWiFiとしてレンタルしようと考えているならばおすすめしません。

とはいえ、年に1、2回ほどであれば無料で使えるためポケットWiFiのレンタルを考えているのならば候補にしてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】使い方によって自分にぴったりなポケットWiFiを選びましょう

少し前までは「ポケットWiFiは外でPCを使って仕事をする人向け」というイメージでしたが、最近ではタブレットやスマホを繋いで通信費を節約したりと広く浸透してきています。

うまく使えば固定回線も解約して無制限プランのポケットWiFiひとつで家のインターネット環境を整えることができたりするので用途にあったところを選んでくださいね。

※一般的に「モバイルルーター=ポケットWiFi」という認識が多いようなので、わかりやすいように当ページでは外で接続できるWiFiルーターをまとめて「ポケットWiFi」としています。ポケットWifiはY!mobileの登録商標と書かれているサイトがありますが、正式に登録商標されているのは「PocketWiFi」と英語表記になっており権利者はソフトバンク株式会社です。

おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。