dtisimheader

格安SIMで一番おすすめなのはどこかと聞かれると「楽天モバイル」と書いてあるサイトが多いと思います。実際ネット上でも評判がよく、本サイトでもおすすめしています。

でも…

今はDTI SIMの時代ですよ!

サービスが開始されて公開されたDTI SIMの申し込みページが非常にうさんくさいとネット上で評判だったのですが・・・

フタをあけてみれば

  • 格安SIMの中で最安級
  • 昼の通信速度も他より速い
  • 通話定額プランがある(しかも安い)
  • ネット使い放題プランがある(これも安い)

楽天モバイル以上のサービスを展開している格安SIMへと進化し続けています。

実際にDTI SIMの評判を調べてみると「思った以上に使えた!」というコメントが多くおすすめの格安SIMの中でも3本の指に入るくらいです。

私はサービス開始当初からDTI SIMを利用していますので半年以上使って感じたことや速度などもご紹介しながら解説していきます。

「DTI SIM」を半年間おトクに使える“どっちもおトク!キャンペーン”

DTI SIMプラン

そもそもDTIってどんな会社?

DTIは株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの略で電気通信事業者の一つです。インターネット回線の提供やVPSサーバーの提供もしています。

あまり聞かない名前かもしれないですがちゃんとしている会社で、実は私もVPSサーバーをDTIで借りています。

何回か電話やメールでの問い合わせも行いましたが、特に不満に思ったことはなくむしろスムーズな回答を得られたためサポート面は非常にしっかりしているなぁという印象です。

ネット回線やWiMAXの提供、プロバイダーとネットワーク関係の事業をやってきているという背景から、DTI SIMに関しても非常に安定・安心ができるサービスだと思います。

格安SIMで最安級の料金プラン

格安SIMで一番安いMVNOはどこかご存知でしょうか?DMM mobile?

その通り。

だったんです。DTI SIMが出るまでは。

DTI SIMの料金プランはこんな感じです。

容量 データプラン データSMSプラン 音声プラン
1GB 600円 750円 1,200円
3GB 840円 990円 1,490円
5GB 1,200円 1,370円 1,920円
つかい放題 2,200円 2,350円 2,900円

格安SIMの中で最も多く契約されているプランである通話付き3GBのプランが1,490円と最安となっています。

ついに1,500円を切ってきたかぁ〜、という感じですね。安い!

ネットつかい放題のデータプランも最安

従来の10GBのプランがネットつかい放題プランに進化しました!

どれだけ通信しても固定の料金ですから、スマホだけでなくモバイルルーターに挿してパソコンと接続するのもアリですよね。しかも、データプランの2,200円は業界最安値!

注意点として、通信量が他の利用者の平均容量を大幅に超えている場合は通信制限がかかりますが、制限は毎日0時に解除されるようです。公式サイトに書かれている通りなのですが、どれくらいの通信で引っかかるのかがちょっと不透明ですね…。

通話を多くする人にオトクな電話かけ放題オプション

最近では無料通話や通話定額のオプションを提供する格安SIMも増えてきましたが、DTI SIMもその波にしっかりと乗っています。

DTI SIMは5分以内の通話なら何度かけても定額というプランになります。

同じような通話定額は楽天モバイルが先行してサービス開始していましたがDTI SIMの方が安い上に、アプリ無しでそのまま利用できるのが大きな特徴です。

DTI SIMはキャリアと同じような使い方が出来る格安SIMになっています。

DTI SIMが不安な人にはまず無料で試せる「お試しプラン」がおすすめ

DTI SIMの評判を見てもいまいちピンとこない、胡散臭さが払拭されないという人には「お試しプラン」がおすすめです。

初めてDTI SIMを使う人限定なのですが、「でんわ定額プラン3GBが半年間790円引き」と「半年お試しプラン3GBが半年無料」という2つのプランがあります。

でんわ定額プランは確かにお得なのですが、実際にDTI SIMを契約するのに前向きな人におすすめです。
ただ、でんわ定額プランは最低利用期間が12ヶ月間あるため、万が一途中で解約しようとしたら契約解除料が発生してしまいます。お試しなのに、ガッツリ契約と同じ扱いなんですね。

とりあえず、DTI SIMの速度や回線の品質を確かめたいというのであれば半年お試しプランがおすすめになります。

なんと半年お試しプラン3GBは最低利用期間がありません。しかも、データプランもSMSが付いているプランのどちらも半年間実質無料なんです。通常はSMSは有料になるのですが、おためしプラン中はコミコミという大サービス。

ですので、とりあえず半年間タダで使ってみて、キャリアから乗り換えても大丈夫そうならそのまま継続かでんわ定額プランなどに変更するのがベストな選択肢ですね。万が一、DTI SIMが評判と違って使えない!という場合には解約すればいいのですから。

注意点として、申し込み月に事務手数料として3,000円だけ必要になるのでお忘れないように。。。

「DTI SIM ノーカウントプラン」でポケモンGOのデータ通信料が無料に!?

格安SIMの中でもiPhoneのApp Storeに接続する際の料金がかからなかったり、LINEなどのSNSの利用時のデータ通信料を月間データ容量から除外するというプランがぞくぞくと登場していますが、DTI SIMでも「ノーカウントプラン」という形でサービスが提供されることになりました。

プラン内容は「DTI SIM データプラン ノーカウント」「DTI SIM データSMSプラン ノーカウント」「DTI SIM 音声プラン ノーカウント」の3つでデータ容量は5GBのみ。料金はそれぞれ「1,220円」「1,370円」「1,920円」と通常の5GBプランと同額になっています。

そして気になる対象のアプリは「ポケモンGO」から!

2016年8月2日時点では通常の申し込みはまだ行っていないようなので、DTI SIM公式サイトの事前予約フォームから申請となります。

ただ、ずっと無料じゃなくて1年間だけというのがなんとも・・・・・

契約してから1年間ギリギリに対象になったアプリはほぼノーカウントの恩恵を受けられないということになると思うのでもうちょっと改善して欲しいトコロではありますね。

対応端末が豊富。もちろんiPhoneも使えます。

格安SIMで気をつけないといけないのが対応端末です。今まで使っていたスマホを流用しようとしても、対応していなくて使えなかった・・・とならないように事前にチェックしておきましょう。

DTI SIMはiPhone5c〜iPhone SEまで幅広く対応しており、AndroidもXperiaやGalaxyといった主要なメーカーのスマホはおおよそ使えます。また、タブレットも一部対応していますので詳しくは公式サイトをご覧ください。

iPhoneをレンタル!?

DTI SIMではスマホレンタルオプションという他には無い面白いサービスがあるんです。

こんな事ありませんか?

  • スマホの2年縛りがイヤだ
  • 高額な端末料金がキツイ
  • 常に新しい端末を持ちたい

なんと、スマホレンタルオプションは1年ごとに新しい端末への変更も可能な新しいスタイルなんです。

イメージは・・・車の残価設定型で買うような感じですかね。

たとえばiPhone6S(16GB)なら、月々3,600円を払って端末を使うことができます。この時点での所有者はDTIです。
1年後には①新端末へ乗り換え、②レンタル継続、③端末購入という3つの選択肢があります。

②の場合は合計2年で、③の場合は端末購入した時点で契約終了となり所有者がDTIから申込者に変わります。

2年契約を気にせず毎年新しい端末を使えるのは嬉しいですよね!

レンタルのiPhoneが故障したら・・・!?

万が一、DTI SIMでレンタルしたiPhoneが故障してしまった場合はすみやかにサポートへ連絡しましょう。その後、DTIに送るか近くのAppleストアなどで修理するかとなります。

そして、端末返却時の状態によっても修理費用が発生します。例えば、落下痕や画面や本体に傷があったりする場合は13,000円、電源が入らないなど損傷が激しい場合は43,200円かかります。

普通に使用していて経年劣化による傷の場合は大丈夫らしいのですが、iPhoneカバーや液晶保護フィルムは付けておいたほうが良さそうです。

ちなみに、紛失したら紛失手数料43,200円がかかるだけでなく、解約になるので利用期間に応じた解約の違約金が発生します。決してなくさないようにしましょう!

申込時にスマイルモール登録は必須。でも全く問題なし

DTI SIMを申し込む際には必ずスマイルモールといういわゆるポイントサイトに登録しなければなりません。

えぇ、そんなサイトに登録したら毎日のように宣伝のメールが送られてくるんじゃない・・・?

と私も思っていたのですが、登録してからもうすぐ1ヶ月立ちますが1通も迷惑メールは届いていません。逆にちゃんと登録できているのかが心配になるくらい。

もし、不要なサイトに登録して迷惑メールの嵐を気にされているのであれば、今のところ全く問題ないですよ〜!

このキャンペーン、登録料の3,000円は必要なのと、音声SIMは月額料金だけが無料でSMSや通話料金はかかってきますのでご注意ください。

使い方はSIMを差してAPN設定するだけで超カンタン!

DTISIMの中身実際に申し込んでから手元に到着するまで約1週間といったところでしょうか。

ペラッペラな封筒で届いたのでびっくりしました。開封すると、SIMカードが挟まった台紙と説明と規約が書かれた紙切れ1枚だけでした。

私はいくつも格安SIMを使っているため、取り扱いや設定方法はわかっていたのですが初めての人にはこの同梱物の少なさは不安かな・・・という印象です。

とは言っても、設定自体は本当にカンタンなので余計なものを省くとこうなっちゃいますよね。

端末によって設定方法は違いますがちゃんと説明されている紙が入っていますのでお手持ちの機種の説明書と一緒に進めていけば問題なく設定ができるはずです。

【Android端末に設定するDTI SIMのAPN情報はこちら】

名前 任意(例:DTI)
APN dti.jp
ユーザー名 dti
パスワード dti
認証タイプ CHAP または PAP
PDPタイプ※ IP
ダイヤル番号※ *99***1#

※は設定が必要な端末のみ

【DTI SIMで設定するiPhoneの構成プロファイルはコチラ】 → iPhone (iOS 7.x/8.x/9.x) APN構成プロファイルを使った接続設定方法

DTI SIMは評判通り昼間も速度が出ていて快適

では、実際にどれくらいの速度が出ているのでしょうか

計測は格安SIMで問題になっている時間帯。そう、お昼時に行いました。

多くの格安SIMが下り1Mbpsの壁に苦しむなか、DTI SIMは・・・

dtisim通信速度20160127

はやいっ!この時間に下りで5Mbpsを出せているのは非常に速いですね。

ネット上でもお昼の時間帯にてDTI SIMの通信速度が落ちないという声が見られます。ぶっちゃけ、あまり期待していなかったけどDTI SIMいいじゃん使えるじゃん!という評判が多いんです。

これくらいの通信速度であれば、標準画質の動画をストレスなく見ることができますよ〜。

お昼休憩時のネットサーフィンも快適なこと間違い無し!

ちなみにDTI SIMのネット使い放題プランの速度は、混んでいる時間帯でだいたい2Mbps〜5Mbpsの間という感じです。めちゃめちゃ速いというわけではありませんが、ブラウジング、SNSには十分な速度なので大半の方は満足できる速度になっています。

DTIから新しいSIMカードが誕生!
1GB600円~ 圧倒的な低価格!!

オプションが少ないのがデメリット

なんだかDTI SIMは死角ナシの最強格安SIMのような印象ですが、実はデメリットもあります。

それは無料で使えるオプションの少なさです。

多くの格安SIMが標準で提供している下記のようなサービスがDTI SIMにはありません。

  • 高速通信のON/OFF
  • Wi-Fiスポット無料などの独自サービス

と言ってもこのようなオプションサービスはあとから追加されることも十分に考えられます。

UQ mobileもはじめはデータの繰り越しや高速通信を切り替えする機能がなかったのですが、しばらくしてから無料で使えるオプションサービスとして追加されました。

現時点ではデメリットとして挙げていますが、いずれ解消される可能性は高いでしょう。

【追記】
2016年5月1日よりDTI SIMでも「データ繰り越し」が使えるようになりました!

また、2016年4月29日より通信速度制限の上限を緩和されるようになりました。
今までは3GBの契約だと直近3日間の通信が1GBを超えると通信速度が激遅になる制限がかかっていたのですが、この条件が「3GBの契約で直近3日間の通信が2GB以上」と倍になったんです!

他の格安SIMでも、データ容量が多いプランを選んだけど通信制限のせいで結局は上限まで使い切れない、ということがありえたのですが、今回の規制緩和でDTI SIMがますます使いやすくなりました!

DTI SIMは安くて速いオススメの格安SIM

DTI SIMはオススメかと聞かれると今もっともおすすめできる格安SIMの1つと即答できます。

格安SIMの中で最安!昼間も快適に通信できる!これだけもおすすめできます、DTI SIM。

格安SIMは安くても繋がりにくい時間帯があるのがネックなのですが、すべての時間帯において問題なく通信できているというのは実はすごいことなんです。

オプションが少ないというデメリットも追加で提供されるでしょうから、これからのサービス拡大にも注目したいですね。

申し込み時期はキャンペーンを狙うべし!

DTI SIMはサービス開始当初にキャンペーンを行っていましたが、実は今も定期的に何かしらのキャンペーンが行われています。先月、申し込んでおけばよかった〜・・・と後悔したとしても、翌月にいきなり同じキャンペーンが始まった、なんてことがよくあります。

最近やっているキャンペーンは「ネット使い放題半年間980円値引き」ですね。

他にもお試しプランとして「でんわ定額プラン3GB」が半年間790円引きだったり、「半年お試しプラン3GB(データプラン / データSMSプラン」が半年間実質0円というものあります。

他社ではキャンペーンの適用期間は3ヶ月が多いのですがDTI SIMは半年という太っ腹。

定期的にキャンペーンをやっているとはいえ、急になくなることもありえますのでDTI SIMをお考えの方はこのキャンペーン時に申し込むことをおすすめします〜。

おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。