2015年12月通信速度比較タイトル

UQ mobileとmineoの通信速度比較、2015年12月版!

先月、第1回としてUQ mobileとmineoの速度比較【2015年11月】を実施しました。

12月に入ったので最新の計測結果をお伝えします。

なんといっても注目は巷で騒がれているUQ mobileの速度低下ですね。

はたしてUQ mobileの独壇場は崩れ去るのか・・・!

計測方法、時間などは前回同様下記の通りです。

  • 場所:大阪府内、通勤経路および勤務先、自宅
  • 時間:朝8時、昼12時半、夕方18時、夜中0時の合計4回
  • 使用端末:iphone5(iOS9.1)
  • 計測方法:iphoneアプリ speedtest

2015年12月14日8時の通信速度チェック

Uqmobileとmineo通信費比較2015年12月14日8時

朝の混み合う時間帯、駅のホームや電車の中ではスマホに目を落としている方が大勢います。この中でどれだけの人がmineoやUQ mobileを使っているんだろうと思いながら2台のiPhoneを両手に持って速度計測を行いました。

朝8時の時点でUQ mobileが早い!前回も最速の数値を記録したのは朝の同じ時間帯でしたねぇ・・・。平均して30Mbps以上出ているので高速通信であることは間違いなしです。

mineoを見てみると、平均5Mbpsほどは出ているのでブラジング、SNSなどは支障なく行える速度は出ていますが果たして高速通信か言われると疑問が残ります。2回目の計測で1.8Mbpsと速度が落ち込んでいますがこれはUQ mobileも同じ時間で低下しているため、一瞬通信が混雑したか電波状況が
変化したなどが考えられます。

いずれにせよ、朝の通勤ラッシュ時の速度比較はUQ mobileに軍配が上がりました。

2015年12月14日12時半の通信速度チェック

Uqmobileとmineo通信費比較2015年12月14日12時半

お昼時の計測ですがやはりUQ mobileの速度低下が見られます

下りで2Mbps近くの速度が出ていますね。

動画を見ない限りはそれほどストレスではないとはいえ、先月は平均8Mbps前後を記録していたので体感的にも速度低下を感じられるようになりました。docomoを含めた格安SIMのいわゆる「お昼に速度が低下する問題」に仲間入りしてしまったということでしょうか

一方、mineoですが1Mbpsの壁を破ることができず・・・

先月と比較してもそれほど変わらない速度で推移しています。あー、遅いなぁと感じてしまうのは相変わらず。でも何故かmineoはアップロード速度は早いんですよねぇ。

まぁ、私達が何かを見たりするときにはダウンロード速度(とping値)が重要なのでアップロードだけが優秀でもあまり恩恵がないのですが・・・。

2015年12月14日18時の通信速度チェック

Uqmobileとmineo通信費比較2015年12月14日18時

この日の帰りは比較的電車が空いていて、両手にiPhoneを持っている私は変に目立ってしまっていました。そんなにチラチラ見なくても、変なことしてませんから!

電車が空いているのと関係あるのかないのかわかりませんが、UQ mobileもmineoも20Mbpsを超える速度が出ていたのでストレスなく通信が行えました。

どちらも高速通信ができているのには変わりありませんがUQ mobileのほうがひとまわり早いという結果になっています。

18時2分の段階でどちらも速度低下が見られますが、同じように落ちているので格安SIM固有の問題というわけではなさそうです。

2015年12月15日0時の通信速度チェック

Uqmobileとmineo通信費比較2015年12月15日0時

日付が変わって12月15日の夜中0時の通信速度チェック。

UQ mobile、mineoのどちらも下り10Mbpsといい勝負(?)ですね。前回も夜中の比較はあまり差が開かなかったのですが、同じような結果になりました。

UQ mobileはお昼の速度低下についで夜中も少し遅くなっているかなぁという印象です。(mineoは朝も遅かった・・・。)

遅くなっているとはいえ、スマホを使う分には不自由なく使える速度が出ているため問題ないっちゃないですね。

【結果】昼の速度低下はあるもののUQ mobileが早い

今回の注目点は昼間の時間帯においてUQ mobileがどれだけ速度低下するかということでした。

蓋を開けてみれば確かに12時半という通信トラフィックが混雑している時間帯では下り2Mbps前後と、高速通信とは言えない結果になってしまっていました。

確かに、先月と比較すると著しく速度低下しています。原因はVoLTEに対応したためだとか、IPアドレスが変わったからだとか言われていますが、それらがわかったところで私達ができることはありません。

でも大事なのは他と比較して速度競争に負けるくらいに遅くなってしまったのかということです。

実際、速度が落ちてしまったというのは事実です。

しかし、それでも他と比べると全体的に見て高速通信ができていることには変わりないのでUQ mobileはまだまだ早い格安SIMであることには間違いないです。

2015年12月の速度比較の結果を見る限りauの端末を利用して快適に格安SIMを使おうと考えているならUQ mobile一択です。

ただ、ユーザーコミュニティが活発な方がいい!という方はmineo
がおすすめ。マイネ王は本当に活気のあるサイトで、私もよく利用しています。

次の速度比較は年度が変わって2016年1月となります。お楽しみに!

それでは、良いお年を〜♪

2015年11月の計測結果はこちら→UQ mobileとmineoの速度比較【2015年11月】


おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。