通信費を節約するぞ!と家計の見直しを行っていたわけですが、まず我が家における通信費というのは「インターネット固定回線+固定電話」と「スマホ代」の2種類でした。

スマホは絶対に必要なので、プラン変更や格安スマホ・格安SIMなどの他社へ乗り換えを考えるとしてそもそも固定回線や固定電話って不要じゃない?とふと思ったんです。

『いやいや固定電話はともかく今の時代、インターネット回線が家にきていないなんてありえないでしょ!』
『パソコン使わないの?家ではWi-Fi接続すればスマホのデータ使わなくて済むからその方が安くなるんじゃないの!?』

実はずっと私もそう思っていました。インターネットプロバイダを変更してもそれほど節約できないし、何より手続きが面倒くさい。それなら今のままでいいや・・・と節約を考えた当初は削る対象外だったんです。

でも、今思えばなんでもっと早く気づかなかったんだろうと後悔しています。しっかり考えないと損するとはまさにこのことでした。

固定回線は必要ナシ!真っ先にいらないと判断

今の家に引っ越した際に引いた回線がeo光です。当時は電話もついていて一番安かったので100Mのプランを契約したのです。電話と言ってもFAXは必要ないので最低限の機能があればいいと思い子機みたいな電話機を購入して設置しました。

それから3年ほどになりますが、電話機が鳴ったのは片手で足りるほどでした。

機械代やモデムの使用料など、完全に無駄遣いですね

何か登録するときの電話番号もスマホのものを使っています。振り返ればなんでセットにしちゃったんだろう・・・と。電話機はインテリアじゃないかってくらい、沈黙してましたからね。

でも、今更電話だけ撤去してもしれています。

となれば、固定回線そのものを考えなおさなければなりません。

固定回線、いる?いらない?

私の仕事柄、ネット環境は必要不可欠。PCはもちろんのこと、スマホやタブレットをWi-Fi接続することも多々あります。ネットに繋がっていないと不安になる、ほどの中毒ではないですがライフラインの一部であることは間違いないです。

でも、ある日。

固定回線である必要はないんじゃないか

とふと思ったんです。

PCをつなぐならスマホでのテザリングも使えるし、もっと使おうと思えばWiMAXなどのモバイルルーターという案もある、外に出ればWi-Fiスポットがたくさん飛んでいるのでそれを使うのもあり。そう考えるといまやインターネットに接続する方法は固定回線だけじゃないんですね。

これだけ選択肢がありますからネットの使い方をしっかりと把握さえすれば通信費が節約できるんです。

固定回線の代わりになるのは、なんだかんだでWiMAXだった

そうと気づいてからは徹底的に調べました。まずは自分のネットの使い方を振り返ることからスタートです。

平日昼間はフルタイムで働いているので実際にネットを使うのは帰宅してからの時間でだいたい3時間ほどでした。でも大切なのはどれだけ長く使っているかよりも、どれだけ通信量があるのかということなんです。

幸い、夫婦ともにガンガン動画を見たりゲームをやったりというタイプではありません。私はPCを開いて調べごとをしたり仕事でサイトを作ったりしているのでその作業がありますが、それほど膨大な通信は行っていません。

Macで通信量を図れるアプリがあったので、帰宅してから実際に使った量を計測してみたのですが1日1GB程度でした。

どれくらい通信しているのかがわかったところで、次は固定回線の見直しです。回線の乗り換えは開通までに時間がかかるからはじめから候補に入れず、テザリングや安く運用できるモバイルルーターの情報を集めました。

私の例ですと1日1GBほどの通信をするのでまずテザリングを使うとなると、1週間で通信制限に引っかかってしまいますから除外。

固定回線の代わりとなるとモバイルルーターが必然と候補に上がってきます。

実際に、使えそうなモバイルルーターといえばWiMAXかY!Mobileの2択でした。

実は過去にWiMAXを契約していたこともあったのですが、その時は室内での電波が弱く使い物にならなかった苦い思い出しかなかったので、Y!Mobileから調べることにしました。

しかし!なんとY!Mobileの通信制限は1日に1GBじゃないですか・・・。これじゃ固定回線として使えん。

となると、あとはWiMAXしか選択肢が残らないという、通信費節約を掲げていきなり背水の陣に立たされます。

「でも、WiMAX使ってたのはだいぶ前だしWiMAX2+になっていい感じって聞いたし・・・」とWiMAXの方向で考えることにしました。

WiMAXを契約するときに注意したポイントは「キャッシュバックが高いところ」です。

WiMAXといえばUQ WiMAXだけだと思われがちですが、実は様々なプロバイダーが提供していてお得なキャンペーンをやっているところが多いんです。

その中でもとくとくBB WiMAXが一番キャッシュバックの額が高かったので即決しました。工事不要で申し込んでから数日で開通するのも嬉しいですね。

ちなみに、心配していた電波と通信速度ですが・・・
GMOとくとくBBWiMAX通信速度
めっちゃ速かったです。

電波もしっかりと入っていて、固定回線の時と変わらない速度が出ていたので大満足です。

肝心のどれだけ節約できたかというところですが・・・eo光の時は月額5,000円ほどでした。

それをWiMAXに変えると月3,000ほどに!固定回線の費用として2,000円の節約ができました!
(※2年継続した費用からキャッシュバックを差し引いた合計を24ヶ月で割って月額費用を算出)

1年で2万4,000円も差があるんですね〜。本当になんでもっと早いタイミングで固定回線をやめなかったんだろうと。・・・。

悩むとその時間だけ損してしまう

通信費の節約で一番もったいないのは惰性でずるずるとなにも変えようとしないことです。買い物などは実際にレジでの支払いが生じるので、使った感がありますが、通信費のように口座から引き落とされるものは何も動かないでいると、その分お金が流れ出ていってしまうことになります・・・

とはいっても、なかなか通信費の整理というのは難しいですよね。それで私も何ヶ月間も無駄に支払ってしまいました。

通信費の節約は絶対にできるので、ぜひ私の記録を参考に、追体験としてあなたのケースに落とし込んで貰えればと思います。

おすすめの格安SIMピックアップ

  1. auで格安SIMなら【UQモバイル】

    全格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇るUQ mobile。料金プランやサービス内容がmineoと比べて弱いですが、今までと変わらず快適に使うことに重点を置くなら間違いなくUQモバイルです。

  2. 独自サービスが大人気な【mineo】

    mineoは豊富なサービスと活発なコミュニティが特徴の格安SIMです。家族割や複数回線割もあるため夫婦や家族でmineoにするのもアリ、古い端末を格安SIMを差してお子様の初めてのスマホにするのもアリと通信費の節約にもってこいの格安SIMです。

  3. トータルバランス抜群の【楽天モバイル】

    楽天モバイルは格安SIMでもトップクラスの通信速度を誇り、料金・サービス・速度のすべての面においておすすめです。格安SIMで初の通話5分かけ放題のサービスが開始されるなど通話に強い格安SIMでもあります。もちろん、楽天ポイントも貯まるのでさらにオトクです。

  4. W放題で人気急上昇【DTI SIM】

    DTI SIMプラン

    ネットつかい放題×でんわかけ放題が話題のDTI SIM。ネットも電話も使い放題な唯一の格安SIMです。しかも、業界最安値の価格で利用できるのが人気を後押ししています。そして、うさんくさいと話題の申し込みページも健在です!もちろん、サービス自体はしっかりしているのでおすすめですよ〜。