UQモバイルの悪い評判はウソ?リアルなメリットデメリットを大暴露
更新

  • おしゃべりプラン/ぴったりプランの基本データ量が増量!
  • 2018年格安スマートフォンサービスにおける顧客満足度No1を獲得!
  • 8月の速度測定を行いました。
  • 利用料金を更新しました。

最近は様々な格安スマホが登場していて、どのMVNOにしようか迷う人も多いのではないでしょうか?

UQモバイルの評判や口コミを調べるために検索するとUQモバイルの悪い評判が多くヒットしてきます。

実際にサイトを見てみるとUQモバイルと関係のないデメリットが書かれていたり、古い情報のまま更新されていなかったり、さんざん酷評しておきながら最後の方では「と言ってもUQモバイルはおすすめです」と支離滅裂なことが書かれているなど、見るに耐えない情報が溢れているのでユーザーとしてとても残念です。

私はauからUQモバイルに乗り換えて2年を超えますが、通信速度もauと変わらず快適に使えています

2018年8月の通信速度チェックの結果がこちらです。2018年8月22日UQモバイルの通信速度チェック

通信速度が速いというのがUQモバイルの高い評判ですが、それ以上に一日を通して通信速度が高速で安定しているというのが大きなポイントです。
詳しくはUQモバイルの通信速度の速さ・安定さは高評価!(実測値あり)をご覧ください。

また毎月のスマホ代は2,000円台に抑えることができています。UQモバイルの月額料金半年分の明細(2018年3月〜2018年8月)

auのときと比べると夫婦で年間約10万円ほど節約できているので、今までの使い勝手は変えたくないけど、スマホ代を節約したいという人にはUQモバイルは本当にオススメです。
UQモバイルにして年間10万円節約!キャリアとの月額費用の比較を大公開!

さらに、J.D.パワーが行った2018年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査において、UQモバイルは格安スマートフォンサービスにおける総合満足度第1位を獲得しており、「通信品質」、「提供端末」、「手続き・サポート対応」の3つの要素で最高評価を得ています。

格安スマホユーザー4,000人を対象とした調査にて満足度1位ということでますます人気が高まるUQモバイル!

そしてなんと、おしゃべりプラン/ぴったりプランの基本データ量が増量という嬉しいサービス変更も!
例えば、おしゃべりプランSのデータ容量が2GB→3GBに、Mは6GB→9GBに、Lは14GB→21GBに大増量!

もちろん、余ったデータは翌月に繰り越せるので無駄なく使うことができます。

それでも気になるUQモバイルの悪い評判が本当なのか?
リアルに感じているメリット・デメリットをロングユーザーの私がご紹介します!

\\ 期間限定 //

最大13,000円の
キャッシュバックキャンペーン中☆

公式サイト⇒UQモバイル

目次

UQモバイルの悪い評判・デメリットって?

UQモバイルのデメリットって?

ネットで見かけたUQモバイルの悪い評判・デメリット

  • プランが少ない
  • 選べる端末が少ない
  • 3Gで通信ができない
  • サポートが悪い
  • 電波が届かない
  • キャリアメールが使えない
  • 2年目から高くなる
  • au及びau系のMVNOからだと割引が少ない

UQモバイルの悪い評判やデメリットで目立つのはこのあたりですね。
では、1つずつ解説していきましょう!

プランが少ない

他社だと1GB、3GB、5GB、7GB・・・と容量ごとに細かく料金プランが分かれているものもあります。そのような格安スマホと比べてUQモバイルはプランが少ないと言えるでしょう。

UQモバイルをデータ容量で区切るとデータ高速プランの3GB、データ無制限プラン(速度500kbps)、
おしゃべりプラン・ぴったりプランの2GB、6GB、14GBという5つのプランに分けられます。

ただ、スマホ利用者の50%は月に3GBも使っていないというアンケートデータもありますので大半の方にはマッチした料金プランが揃っているとも言えるでしょう。

ちなみに私はデータ高速プランの3GBで十分足りていて、毎月1GB前後は翌月に繰り越せています。

使い方に合った料金プランもご紹介していますので合わせてご覧ください。

⇒ UQモバイルのプラン一覧とおすすめプラン

選べる端末が少ない

サービス開始当初のUQモバイルは本当に端末が少なくて評判が悪かったのを覚えています。

しかし、今は格安スマホでのトップクラスの端末ラインナップを誇ります。

2018年2月の時点でiPhoneを含む24種類の機種を選ぶことができるんです!

格安スマホで人気のZenFoneやHUAWEIのシリーズ、国産メーカーが手がけるDIGNOやarrowsといったAndroid端末から、iPhone6s・iPhone SEと盛りだくさん!

もちろん、UQモバイルではSIMフリースマホや大手キャリアで使っていた端末も使うことができるのでUQモバイルは選べる端末が少ないというのはもはや過去の話

私はSIMフリーのiPhone7をUQモバイルで使っています!高性能のスマホを存分に使うには高速通信のUQモバイルがほんとピッタリですよ〜。

2018年夏モデル情報:「HUAWEI P20 lite」が登場!

UQモバイルは2018年夏モデルとして、2018年6月中旬以降より「HUAWEI P20 lite」を発売すると発表しました。

HUAWEI P20 liteは画面いっぱいの超ワイド・ディスプレイに、1,600万画素+200万画素のダブルレンズを搭載した一眼レフ並みのボケを再現できるメインカメラを装備。サブカメラも1,600万画素とセルフィーもバッチリ。薄暗い場所でも明るく高精度な写真を撮ることができます。

CPUは高性能オクタコアで快適に操作を行えます。

ハイパフォーマンスのHUAWEI P20 liteと高速通信のUQモバイルの組み合わせはまさに最強と言えるでしょう!

3Gで通信ができない

3Gで通信ができないからUQモバイルはエリアが狭い!

こういった記事を見ると「あーあ、何言ってるんだろう・・・」と。

確かに、UQモバイルは3G非対応です。その分のエリアが狭い地方で使えないとか、G回線で音声通話が使えない・・・などなどの情報がありますが、そもそも大手キャリアは3G回線を終了する流れです。

ソフトバンクはすでに1.7GHz帯の3Gサービスを2018年1月末日(2018年2月1日 午前0時)で終了しています。auやドコモの公式発表はまだありませんが2020年をめどに順次3Gのサービスは終了するようです。

ちなみにauは3Gのフィーチャーフォン向けに提供しているアプリ配信プラットフォーム「EZアプリ」について2018年3月31日に終了するとも告知していて、3Gサービスの終了に着々と動いているといったところでしょう。

今やLTEが主流になり、次は5Gだ!とも言われるなど、日々技術は進歩しています。

もはや3G回線は古い技術となっていますので、UQモバイルが3G回線を使えないからと言ってもなんの問題もありません!

サポートが悪い

「UQモバイルはサポートが悪い」

UQモバイルの悪い評判で一番多く目についたのがサポートのことでした。
と、いうかUQモバイルのデメリットとして挙げられているほとんどがサポートについてのことだったんです。

実際のところ「あたった担当者による」というのが本当のところだと思います。

調べるとmineoだってY!mobileだって、サポートの評判を調べると悪い情報がいっぱいでてきますから・・・

これは格安スマホに限ったことではなく、どんな製品・サービスのサポートにも言えることです。
繋がったオペレーターの対応でそのメーカーの企業イメージがガラッと変わりますもんね。

私がiPhone7をUQモバイルで利用した際に、動作確認端末一覧に掲載されていないのでサポートに連絡した際は非常に丁寧に対応してもらえましたのでUQモバイルのサポートが悪いとは感じていません。

ですので、サポートのいい・悪いは一概には言えないと思っています。

UQモバイルはUQスポットという専門スタッフが対応してくれる窓口を展開しているので電話対応が不安な方はUQスポットへ問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。

電波が届かない

そもそもUQモバイルはau LTEと同じ回線を使っていて人口カバー率99%超えとなっています。どのキャリアも人口カバー率は100%となっていないので、絶対に電波が届かないエリアが存在するのは確かです。

もし、いまのキャリアがドコモ・ソフトバンクを使っていて電波が届かないのであればauのエリア外ということが考えられます。auを使っていてUQモバイルの電波が届かないということはありえないので設定ミスを疑う方がよいでしょう。

UQモバイルでは「Try UQ mobile」というUQモバイルのSIMや端末を15日間無料で貸し出してもらえるサービスを行っていますので、実際に契約する前に電波の入り具合や通信速度を体験できるので心配であれば試すのもアリです。

キャリアメールが使えない

キャリアメールが使えないというのは、au、ソフトバンク、ドコモで使っていたメールが使えないということなのでどの格安スマホにも言えることです。

格安スマホにはそれぞれのドメインがついたメールアドレスを提供されますが、形式上はPCアドレスとして認識されるようで、一部サービスで登録ができないということがあるようです。

UQモバイルは200円の利用料がかかってしまいますが、キャリアメールと同等の携帯アドレスとして判別されるメールシステムを利用することができます。

キャリアメールと同等のメアドをもらえる格安スマホはないので、UQモバイルのデメリットというよりもメリットと言えるでしょう。

2年目から高くなる

おしゃべりプラン、ぴったりプランのプランSは1年目は1,980円ですが、2年目(正式には14ヶ月以降)からは2,980円となるので1,000円高くなるんですね。

文字が小さくて見にくいということも書かれているサイトがありましたが、UQモバイルの料金プランを見てみるとちゃんと各プランの下に書かれています。

UQモバイルの料金プラン画像:UQモバイル公式サイトより
UQモバイルの料金表
これを見落とすというのは、なかなか難しいと思うのですが・・・。

ちなみに同じ料金体系のY!mobileも2年目からは高くなるのですが、料金プランのところには明記されていないうえ、注釈では「ワンキュッパ割 提供時におけるご利用開始月から12ヶ月間の料金です」としか書かれておらず、ワンキュッパ割のリンクをクリックしないと詳細が見れないというかなりわかりにくい表記になっています。

それに比べればUQモバイルは各プランごとに14ヶ月目以降の料金やデータ容量が書かれているのでかなり良心的だと思います。

au及びau系のMVNOからだと割引が少ない

これも、今は少し事情が違っています。

一時期UQモバイルはau及びau系のMVNOからのMNPによる転入では「スマトク割」という利用開始月から25ヶ月目まで月額基本料金から1,000円割引、26ヶ月目以降も長期利用割引で1,000円割引を継続するという割引サービスが適用されませんでした。

同グループからはこれにはかなりの悪い評判が集まっていました。

しかし、2017年3月1日以降にau(au系のMVNO含む)からMNPで契約すると、キャンペーンして「スマトク割」を適用するとともに「データ増量キャンペーン」の対象となります。

ですので今はau系からのMNPでも割引が適用されますから、安心して申し込むことができます!

利用歴2年の私がUQモバイルのデメリットを挙げるなら

今まで挙げたUQモバイルのデメリットはほとんど大したことはなく、きちんと事前に確認しておけば全部解決できる問題ばかりなんです。

自分がひと月に使う容量を把握しておけば自然とプランは決まってきますし、選べる端末も多くSIMフリースマホも使えるし、電波が届かないなんてありえないし、データ高速プランだから2年目から高くなる心配はないし、サポートも今のところも不安もないし・・・

それでも、UQモバイルのデメリットをあえてあげるならば「他の格安スマホより、ちょっとだけ高い」ということ。

例えば、いま私が利用しているのはUQモバイルのデータ高速+音声通話プラン(データ容量3GB)で月1,680円です。

mineoのau回線を使うプランで同じ内容だと1,600円、格安スマホで最安級のプランが多いDMMモバイルだと1,500円と、 他のMVNOに比べてUQモバイルは数十円〜100円程度高くなっています。

このほんのちょっとの差で大手キャリアと同じ通信速度の快適さを得ることができるので私にはデメリットと感じませんが、1円でも安く格安スマホを使いたい!と思っている方には他より高いというデメリットがあるUQモバイルはおすすめできません。

ちなみに私はauからUQモバイルにMNPしてから月に4000円以上安くなりました。年間で約5万円以上もスマホ代が節約できていますから

⇒ UQモバイルにして年間10万円節約!キャリアとの費用比較を大公開!

【期間限定キャンペーン中!】
いまUQモバイルを申し込むと
最大13,000円キャッシュバック☆
公式サイト⇒UQモバイル

UQモバイルのいい評判・メリットは?

UQモバイルのメリット

UQモバイルのいい評判・メリット

  • 乗り換えたのがわからないくらい早い
  • 昼間でも通信が快適で通常利用には支障がない
  • 即日切り替えが可能で、使えなくなる時間がほぼゼロ
  • UQスポットがある

では次に、UQモバイルのいい評判やメリットを集めてみました。
やはり通信速度の速さがUQモバイル最大のメリットですね!

UQモバイルの通信速度の速さ・安定さは高評価!(実測値あり)

UQモバイルのメリット・いい評判の多くは通信速度に関することでした。

他の格安スマホが混雑して遅い時間帯でもUQモバイルなら快適に使えている、大手キャリアから乗り換えても全く遅さを感じないと言った口コミが多数見られました。

どれくらい速いのか速度測定でよく使われているアプリ「RBB SPEED」で計測してみました。2018年8月22日UQモバイルの通信速度チェック
格安SIMの速度が極端に遅くなると言われている平日昼間の休み時間。多くのMVNOがダウンロードで1Mbpsを下回るのですがこの日測定した結果だとUQモバイルは40Mbps以上という驚きの通信速度が出ています。

また、お昼ほどではないですが朝の通勤ラッシュ時や帰宅ラッシュ時など、通信が集中すると言われている時間帯でもUQモバイルは大手キャリアと同じくらいの通信速度が出ているんですね。

通信速度の具体的な目安として、例えばストレスなくネットサーフィンや標準画質の動画ストリーミングを見れるのが下り3Mbps以上、youtubeのHD動画一本を快適に見ようとすると下り7Mbps以上、HD動画の高フレームレートで安定したストリーミングには下り25Mbpsが必要と言われています。

au、ドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアは常に30Mbpsを超える速度が出ている事が多いのですが、格安スマホは下り1Mbpsに満たない時間帯があることや、通信量が空いている時間で速くても20Mbpsほどでればいい方なんですね。

下り1Mbpsとなると、TwitterやFacebookの文章は見れるけど画像や動画は中々表示されない。
画像の多いサイトや動画のストリーミングはちょっと厳しい、といった速度
になります。

ほとんどのMVNOはお昼の休憩時間に1Mbpsの通信速度まで落ちるので、マンガアプリや動画視聴は表示が遅くストレスになることがほとんどです。

せっかくスマホ代が安くても使い勝手が悪くなると元も子もないですよね。

ちなみに、この日計測した平均と大手キャリアも含めた全国平均をRBB SEEDでは見ることができるのでチェックしてみると2018年8月22日UQモバイルの速度と全国平均の比較平均よりも速い速度で通信できていることが判明しました!

つまりUQモバイルなら通信混雑時でも大手キャリアと同じように使えて毎月のスマホ代も節約することができるというのがはっきりとわかる調査結果となりました。

即日切り替えができるのも◎

格安スマホの中には切り替えまで日数がかかるパターンもあるようですが、UQモバイルでは即日切り替えができます!

私がauからUQモバイルに乗り換えたときは、SIMカードが到着してから設定→切り替えまで約30分ほどで完了しました。

同梱されていた手順書通りにSIMを差して設定するだけで格安スマホに切り替えることができたのですが、あまりの手軽さ&変わらない通信速度に本当に切り替わっているのか心配になるほど簡単でしたよ〜!

UQスポットがある

格安スマホでは窓口を持たず、WEB上で申し込みや問い合わせをするケースがほとんどです。また、窓口を設けていると言っても家電量販店のスタッフが兼務していることがあるなど実はあんまり格安スマホに詳しくないということもあるようです。

UQモバイルでは家電量販店・携帯ショップで専門スタッフがいる他、UQスポットという専売ショップが全国に展開されているなど、対面式の販売も行っています。

やはりネット上だけのやり取りでは不安やうまく伝えられないことがあるということで、スタッフと顔を合わせてやり取りできるというのは安心ですよね。

UQモバイル利用者の口コミ・レビュー

私の周りでも格安スマホを使っている人が多いのですが、その中でUQモバイルを使っている人に使い勝手はどうなのか聞いてみました!

28歳:会社員28歳:会社員

家ではWiFiがあるため、主に使うのは通勤時間にゲームやSNS、休憩時間に漫画を読むなどです。格安SIMは安いけど遅かったりすることもある、と聞いていたけど「UQモバイルは速い」と書かれているサイトが多かったのでMNPしたらホントその通りでびっくりしました。auの時と全く変わらず使えています。

34歳:主婦34歳:主婦

安くなったのがとにかく嬉しい!格安スマホに対してよくわからないので避けていたけど、これだけスマホ代が節約できるならもっと早く乗り換えたらよかったです・・・。メインはLINEなどのSNS。通話もLINE電話をよく使いますが途切れたりなど困ったことは全くありません。

43歳:会社員43歳:会社員

あまりスマホを使っていないのに毎月高い料金の支払いが納得いかずUQモバイルにしました。手続きが難しそうだと思っていたのですがサポートの人にも親切に対応していただき、意外と簡単に終わってしまい驚きました。家族全員で乗り換えたのでかなりのスマホ代が節約できて助かっています。

大手キャリアと同じように使えているのにもかかわらず、スマホ代が安くなっていることに皆さんご満足の様子でした。

私もそうだったのですが「あれ、ほんとに格安スマホになったの?」というほど体感では変わらないですが、初めての請求を見てその安さに驚きました!

スマホ代を節約したいけど、今まで通りの快適さは捨てられない・・・というのなら、UQモバイルで間違いないですよ〜!

⇒ UQモバイルにして年間10万円節約!キャリアとの費用比較を大公開!

UQモバイルと他の格安スマホ、ぶっちゃけどっちがいいの?

UQモバイルと他の格安スマホどっちがいいの?

今では多くのMVNOがサービスを提供していて本当にUQモバイルでいいのか迷いますよね?

au回線を使用した格安スマホでUQモバイルとよく比較されるのがmineoですし、同じようなプランを出しているのはY!mobileですよね。

とりあえず、どこを選んでも大手キャリアよりもスマホ代が安くなることは間違いありません。

その中でUQモバイルを選ぶメリットはやはり大手キャリアと変わらない通信速度でスマホを使うことができるということです。

格安スマホの中での料金差といえば100円ほどなので、残りの大きな判断材料は「速度を取る」か「サービスを取る」かに絞られます。

他のMVNOは細かな料金プランが設定されていたり、ユーザーコミュニティが活発だったり、独自のポイントシステムがあったりするなど充実したサービスが提供されています。

確かにデメリットでも挙げたとおりUQモバイルは料金プランが少ないですし独自サービスが多いわけでもないんですね。
でも格安SIMの中でも全時間帯を通してトップクラスの通信速度なのがUQモバイルの揺るぎない強みです。

どこが一番いいか、という格安スマホの比較ではなくスマホ代が安くなるだけじゃなくどういったものを格安スマホにもとめているのか、ということを自分の中でしっかりと持っておくのがよいでしょう。

  • 通信速度が安定して速い方がいいならUQモバイル
  • 面白い取り組み・サービスで選ぶならmineo
  • 最安値がいいならDMMモバイル
  • ショッピングモールに入っているならイオンモバイル

このように、各MVNOの特徴と自分が求めているものによってどこを選ぶのかが違ってきます。

私がUQモバイルを選んだ理由は「いくら安くてサービスが良くても、遅くてストレスになるのはイヤ」だったからです。

繰り返しになりますが格安SIMにするので、スマホ代が安くなるのは当然のこと。
それに加えて、今まで通り快適に使えることも重要な要素だと私は考えたのでUQモバイルにしました。

速度?
サービス?
それとも費用?

単純に料金だけでなく、あなたのスマホライフで大事なものが揃っているMVNOを選ぶようにしましょう。

UQモバイルとY!mobileの違いって?

UQモバイルのおしゃべりプランとY!mobileのスマホプランは料金形態も割引も本当に似た内容でどっちにすればいいのか迷いますよね。

そこで、UQモバイルとY!mobileの違いについて調べてみました。

通信速度の切り替えの有無

  • ○:UQモバイルは通信速度の切り替えがある
  • ×:Ymobileは通信速度が切り替えられない

格安スマホでは高速通信できる代わりにデータ容量が減っていくモードと、データ容量が減らないけど低速通信のモードを切り替えるサービスを提供しているところが多くあります。

無駄な通信を行わないようにデータ容量を節約できる便利な機能ですがY!mobileには存在しません。

通信制限時の速度の違い

  • UQモバイル:300kbps
  • Ymobile:128kbps

UQモバイルの場合は節約モード時、通信制限に引っかかったとき、およびデータ容量を使い切ったときの速度が300kbpsとなります。

高速通信時に比べればかなり遅く感じますが、TwitterやFacebook、instagramはもちろんYoutubeの標準画質であれば見ることができます。

一方のY!mobileではデータ容量を使い切った際の通信速度が128kbpsと、SNSの利用は厳しい速度になります。使えるのはテキストベースのメールくらいといったところ。

この差はかなり大きいのではないでしょうか。

通信制限がおこるタイミング

  • UQモバイル:直近3日間で6GB
  • Ymobile:契約プランの規定値を超えたとき

UQモバイルはどのプランも直近3日間で6GBの通信があった際に、速度制限がかかるのに対してY!mobileはデータ容量を使い切ったときのみ制限がかかるようになっています。

通信制限に関してはY!mobileに軍配があがりますね。

ただ、UQモバイルの速度制限も3日間で6GBとかなり使わないと制限がかからないため、格安スマホの中では緩い方となっています。

私が契約しているデータ高速(3GB)だとそもそも届かない容量ですしね・・・。

データ容量繰越の有無

  • ○:UQモバイルはデータ容量の繰越しができる
  • ×:Y!mobileはデータ容量の繰越しができない

UQモバイルを含むほとんどの格安スマホは余ったデータ容量の繰越しが可能です。

しかし、Y!mobileは繰越しができないため毎月必ずリセットされる仕組みになっています。

月によってはよく使ったり使わなかったりするのでデータ容量の繰り越しはある方がうれしいですよね。

2018年8月に、UQモバイル、Y!mobileの両社とも、基本データ量の増量を発表しました。

近年のインターネットコンテンツの充実に伴い、データ量が足りなくなってきていることから打ち出された施策と考えられます。

ただ、依然としてY!mobileはデータ繰越しができないので、場合によっては毎月膨大なデータ量を無駄にしてしまう可能性もあります。もったいないですよね・・・

UQモバイルなら余ったデータ量は翌月に繰り越せますよ!

かけ放題の違い

  • UQモバイルは5分かけ放題
  • Ymobileは10分かけ放題

両者ともかけ放題のプランとなりますが、UQモバイルが5分なのに対してY!mobileは10分と多めになっています。

ただし、UQモバイルは無料通話が選べるぴったりプランも選択できるので一概にどっちがいいかは通話の仕方によって違ってくるところです。

総合的に判断してもUQモバイルがおすすめ!

速度の切り替えができる、データの繰越がある、制限がかかってもそれなりに使えるなど、総合的に判断してもUQモバイルのほうがおすすめだと言えるでしょう。

ただし、よく通話をするのであればY!mobileのかけ放題10分というのは魅力ですよね。

普段、どのようにデータ通信重視ならUQモバイル通話重視ならY!mobileということになります。

格安スマホが競うようにかけ放題プランを提供しているのですが、純粋に電話回線を使っての通話ってどれくらいしているでしょうか?

いまではほとんどがLINE通話などのインターネット回線を利用した通話サービスを利用している人が多いと思いますので、データ繰越や切り替えができるUQモバイルをおすすめします。

UQモバイルにして年間10万円節約!キャリアとの月額費用の比較を大公開!

UQモバイルにして年間10万円節約

私は今までauを使っていましたが、機種代の割賦を含めて月に8,000円ほどかかっていました。

au時の2人分の料金

夫婦でauだったのでスマホ代は上のように二人で毎月1万7,000円ほど。端末の割賦料金が一人あたり2,000なのでそれを差し引くとau時の単純なスマホ代としては1万3,000円となります。

ひとり6,500円。当時はこれくらいが普通(もしくは安い方かもしれません)だったのですが、高いですね・・・。

UQモバイルにして、どのくらい安くなったのか6ヶ月分のでデータをご覧ください。

UQモバイルの月額料金半年分の明細(2018年3月〜2018年8月)

若干の上下はありますが2,000円前後でおさまっています!
こちらも端末を含まず、単純なスマホ代のみです。。

上図は1人の明細なので、2人で4,000円ほどなので差額を計算してみると・・・

auとUQモバイルの差額チェック!

  • au:13,000円 / 月
  • UQモバイル:4,000円 / 月

【差額計算】

1ヶ月:13,000 – 4,000 = 9,000円

年間:9,000 x 12 = 108,000円

なんとUQモバイルにしてから年間で10万8,000円!
スマホ代が節約できているんです!

ちょっとした旅行がいけちゃう金額です・・・。

これだけ安くなって、auのときと変わらず快適に使えているのでUQモバイル恐るべしです。

しかも、夫婦だけで10万円の節約なのでもしお子様がいる場合など家族全員で乗り換えるともっと節約できることになります。

  • スマホ代を節約したい
  • 通信速度は速くて安定している方がいい

この2つのポイントに当てはまるのであれば、UQモバイルにして間違いないです。

いつUQモバイルにしたら一番オトクなのか?

では、一体いつUQモバイルに乗り換えたらお得になるのでしょうか?

結論から言うといまスグです!

2年経たないと違約金がかかる?機種の割賦がまだ残ってる?

そんな理由で乗り換えるタイミングを逃すと毎月のスマホ代が無駄になりますよ!

まず、更新月以外で解約する際にかかってくるいわゆる違約金や解約金ですが、au・ドコモ・ソフトバンクともに通常は9500円が必要になってきます。

この9500円のためにMNPをためらう人が多いんですが、UQモバイルに乗り換えると月4000円ほどスマホ代が安くなります。
ということは3ヶ月もすれば解約金の分はカバーできますよね?それ以降は単純に毎月の安くなっていくので、逆に言うとズルズル解約に踏み込めないとその期間だけムダに高いスマホ代を支払っていることになるんです。

もう一つ、機種代金の残高ですがこれは解約しても割賦残高が残っていれば引き続き支払わないといけません。大抵は2年縛りで機種代が実質安くなる、という謳い文句ですが、ほとんどは料金プランで調整して安くなると見せかけてるだけで、しっかりと機種代を払っていることになります。

2年経とうがすぐ解約しようが、同じ金額を払い続けるならUQモバイルにして月々のスマホ代が安くなる方がいいですよね!しかも、SIMロックを解除すればそのまま使うことができるスマホもあるので無駄になりません。

確かに格安スマホにして今までと同じ使い方ができるのか不安な要素も多いと思うのですが、UQモバイルなら大手キャリア並の通信速度と品質なのでそこは安心してMNPして大丈夫です!

あとは、雑念を捨ててサクッと乗り換えることができれば毎月のスマホ代がびっくりするほど節約できますよ〜!

UQモバイルの料金プラン一覧とおすすめプラン

【おしゃべりプラン / ぴったりプラン】
月額基本料金 データ容量 通話料
おしゃべりプラン ぴったりプラン
プランS 1,980円 2GB 無料通話60分/月 5分以内の国内通話が何度でも無料
プランM 2,980円 6GB 無料通話120分/月
プランL 4,980円 14GB 無料通話180分/月
【その他のプラン】
月額基本料金 データ容量 通話料
データ高速プラン 980円 月3GB(制限速度送受信最大200kbps)
データ高速+音声通話プラン 1,680円 20円/30秒
データ無制限プラン 1,980円 無制限(送受信最大500kbps)
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 20円/30秒

UQモバイルの料金プランは細かく分かれていないとはいえ、どれにするか迷いますよね。

中でも一番のおすすめはおしゃべりプラン・ぴったりプランのSです。

データ容量が2GBで足りるかなと思うかもしれませんが、UQモバイルのターボ機能をうまく使えば多くの人はプランSで十分足りる容量なんですね。

おしゃべりプラン・ぴったりプランの節約モードは300kbpsでデータ容量の消費ゼロなんです。

スマホを使うシーンを思い出して見てください。ほとんどSNSじゃないですか?
SNSの利用ならデータ消費なしの節約モードで事足ります。

自宅ではWiFiに繋いでいることが多いですよね?
となると高速モードを使う機会って限られてきます。

ターボ機能もボタン一つで切り替えができるので全く手間じゃありませんし、UQモバイルはデータ容量の繰越ができるのでうまくいけば毎月2GB以上のデータ容量を使うことができるんです。

5分かけ放題か無料通話付きか、毎月変更可能なおしゃべりプラン&ぴったりプラン

今や格安スマホでも定番になりつつある5分以内の通話であればかけ放題というオプションですが、UQモバイルはオプションではなくおしゃべりプランとして選択することができるんです。

ただ、かけ放題じゃなくて無料通話付きのプランがいいという人もいますよね。そんな人にはたっぷりプランが無料通話付きとなっているので使い方によって決めるとよいでしょう。

実はこの2つのプラン、毎月変更可能となっているのでちょこちょこ通話しそうな月はおしゃべりプラン、ちょっと長めの電話があるときはたっぷりプランと使い分けできるのでとりあえず通話をよくする人はどちらかのプランに入っておくのが吉です。

UQモバイルの無制限プランは使い方によってはアリ

UQモバイルは速い!というのは「データ高速プラン」または「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」を契約した場合になります。

UQモバイルの「データ無制限プラン」というのは、送受信最大500kbpsと低速なりますが月間データ容量が無制限で使えるというものです。

UQモバイルの無制限プランの評判としては、速度的には500kbpsなのでさくさく快適!とはいかないですが、ネットサーフィンやSNSなどテキストメインのコンテンツであれば問題なく利用出来るようです。

しかしながらSNS上の写真やyoutubeなどの動画をみようとするとちょっと厳しいようですね。あとは、Googleマップなどの地図アプリでも拡大縮小時にちょっと表示が遅れたりと、ナビとして使うにも不安が残ります。

ネットラジオをかけっぱなしにしたりする用途には十分過ぎるのですがメイン回線としてガシガシ利用するには厳しいというのが実感です。

それならば、ぴったりプランを契約して普段は高速通信をOFFにして送受信最大300kbpsで運用、通信速度が必要なときだけ高速通信をONにする使い方をおすすめします。

UQモバイルの家族割について

UQモバイルでも家族割があり、子回線が多いほどお得になります。

対象となる料金プランはおしゃべりプラン・ぴったりプランのS/M/Lで、2回線目以降の料金が毎月500円割引になります!

UQモバイルの家族割を受けられる条件などは下記の通りです。

  • おしゃべりプラン・ぴったりプランで契約していること
  • UQモバイルの契約名義が、同一姓・同一住所の家族であること
  • 住所が別でも家族である証明書を提示すれば申込可能
  • 同一名義の複数回線でも申込可能
  • すでに契約中でも申し込みOK

UQ家族割の申込みは全国の全国のUQスポット、UQ モバイル取扱店へ来店するか、UQお客さまセンターへの電話で手続きが可能です。

家族4人でUQモバイルに乗り換えると2年間で約35万円も安くなるケースもあるようなので、もし格安スマホにされるなら家族全員で乗り換えるのがオススメです!

申し込む前に抑えておきたいUQモバイルのポイント

申し込む前に抑えておきたいUQモバイルのポイント

UQモバイルに乗り換える際に、気をつけておきたいポイントをまとめました。

特に、大手キャリアで使っていた専用のサービスなどは使えなくなるのでサービスの利用停止やアカウント情報の変更は忘れず行うようにしましょう。

UQモバイルで使える端末は?

サービス開始当初のUQモバイルは選べる端末がほとんどなく、正直スマホとセットで契約するメリットは皆無でした。よく比較サイトでも「UQモバイルのデメリットは端末が少ない」と悪い評判が書かれていたくらいです。

でも最近のUQモバイルは違います!

今では多種多彩なスマホが用意されているだけでなく独自モデルが発売されるなど、大手キャリア顔負けのランナップとなっています。

SIMフリースマートフォンの中でも評価の高いZenFone4やZenFone4 Selfie Proシリーズ、AQUOS senseやarrowsM04といった国産メーカーのもの、VRヘッドセット付きのものまで様々です。

もちろん、格安SIMとしてSIMカードだけ差し替えて今までの端末でそのままUQモバイルを使うという選択肢もアリです。今だとiPhone6の2年縛りから開放されるのでこのタイミングでUQモバイルに、という人も多いんです。

今のスマホをそのままUQモバイルにして通信費の節約する人、端末を購入して心機一転、格安スマホを使う人など幅広いニーズに応えてくれます。

UQモバイルはau・ドコモ・ソフトバンクのiPhoneも使える!

UQモバイルではSIMフリー版のiPhoneだけでなく、au・ドコモ・ソフトバンクで購入したiPhoneも使えるんです!
公式サイトの動作確認端末によると、SIMロックの解除によって各キャリアにて購入したiPhoneでUQモバイルが使えるのは「iPhone6S以降のモデル」となっていて中でもiPhone6とiPhone6Plus、Iphone SEはテザリングも可能になっています。

もちろん、最新のiPhoneXやiPhone8シリーズ、iPhone7もUQモバイルで利用することができるので、最新のサクサク動くiPhoneで快適通信を楽しむことができますよ〜。

そろそろスマホの2年縛りが解ける人も多いと思いますが、いまがUQモバイルに乗り換えて通信費を節約する絶好のチャンスです。

テザリングはできるけど使い方に要注意

UQモバイルではAndroid端末とiPhoneSE、SIMフリーのiPhone6シリーズ、大手キャリアiPhone6s、iPhone6s Plusに限りテザリングが利用できます。

ただ、テザリングでPCを繋ぐとスマホ単体よりも通信量が増えるためすぐにデータ量の上限に達してしまう可能性があるので、常時接続はオススメしません。WindowsやMacのアップデートが自動で動いてしまうと一気にデータ量を消費してしまいますし、あくまで緊急用として使えるという程度で考えておくほうがいいでしょう。

PCに接続することが多いのであればデータ通信プランのみを契約してをモバイルルーターで使うか、通信速度が速く3日の速度制限が10GBと非常に緩いWiMAXを使うのがおすすめです。

UQモバイルの最低利用期間について

UQモバイルはデータ通信プランだと利用期間の設定はないのでいつ解約しても費用はかからないのですが、音声付きプランで契約した場合12ヶ月の最低利用期間が設定されています。

最低利用期間内で解約してしまうと契約解除料として9,500円が必要となりますのでご注意ください。

格安SIMに不安がある人はまずデータ通信プランでお試しするのもおすすめです。

なお、データ通信プランと音声通話付きプランの変更はできないため、まずはデータ通信プランで試してから解約して音声付きで再契約するのがよいでしょう。

Try UQ mobileで15日間無料でお試しレンタルができる

UQモバイルは格安SIMの中でも珍しく無料でお試しできる「Try UQ mobile」というサービスが存在します。

なんと

「端末+SIMのセット」や「SIMだけ」を無料で15日間使えるんです!

データ通信プランのみとなっていますがそれでも今持っているスマホが使えるのか、セットで買った端末がどんなものかを契約する前に試せるのは嬉しいですよね。

申し込みは公式サイトから必要事項を入力するだけ。
返却は郵便窓口に持っていくか対応しているコンビニに持っていくだけなので面倒な手間はありません。

速度やエリアに不安があれば、一度試されることをオススメします。

使えなくなるサービスを確認しておく

UQモバイルに限らず格安スマホ全般に言えることなのですが、回線を切り替えた後は大手キャリアで使っていたサービスが一切使えなくなります。
例えばauで言うならスマートパスとかですね。

中でも一番注意しないといけないのはメールアドレスが使えなくなることです。

最近はメアドを使うことが少ないとは思います。LINEなどで連絡が取れる人が別にいいのですが、メールでしかやりとりできない人には回線切替を行う前にメアドが使えなくなることや代わりのメールアドレスを連絡しておきましょう

と、いうのも、大手キャリアのメールはYahooメールやGmailなどのフリーメールを初めから受信拒否している設定なっています。UQモバイルになってからメアド変更のメールを送っても、そのメール自体がはねられる可能性があるのです。

なので、回線切替を行う前に新しいアドレスの受信許可設定を行ってもらうことを忘れないでくださいね。

ちなみに、UQ WiMAXの電波は関係ない

UQモバイルとWiMAXの電波は違う

青いガチャピンとムック(通称:ブルーガチャムク)がキャラクターのUQ WiMAX。家電量販店でも見かけることがあるのではないでしょうか

WiMAXといえば高速な通信速度が出る反面、室内では電波の入りがよくないといった一長一短なモバイルルーターです。

「WiMAXを提供する会社が格安スマホってことは、同じように室内では繋がりにくいんじゃないの」
「建物内で繋がらなかったらスマホとして使えないじゃん!」

そんな心配は全くの無用です。

確かに提供会社はどちらも同じUQ コミュニケーションズですが、UQモバイルはWiMAXの電波は使用しておらず、auの回線を使っています。なのでカバー率もauと一緒なんですね。

同じ『UQ』とついているため、WiMAXとサービスを混同される方もいるようなのですが、全く別物です。

実はWiMAXも使っているのですが、UQ mobileとWiMAXの両方契約していれば割引などの特典があったらいいのになぁ〜、と思いますが今のところないのがとっても残念です・・・。