「あなたのスマホが安くなる!」とCMでお馴染みのmineo。名前は知っているけど、本当に今のスマホのままで安くなるのかよくわからない方が多いようです。

mineoの評判はネット上でもいろいろ書かれていますが、プランが多い・サービスが豊富と好印象な意見が比較的多く見られます。また、auとdocomoの両方の端末が使える格安SIMでも数少ないマルチキャリアということもあり、注目度が高いMVNOのようです。

そこで、mineoのauプラン(Aプラン)を契約して半年以上経つ私が、ネットの評判の真相や実際に使ってみてわかったメリット・デメリットをまとめた上で、おすすめの使い方・おすすめ出来る人をご紹介します。

ただ、言いたいことを盛り込むと長文になったので、まずはわかりやすくまとめました。

mineoはこんな人向け

  • ある程度通信速度が遅くてもキニシナイ
  • ユーザーサポートやサービスが活発な方がいい
  • 家族で格安SIMにしてスマホ代を下げたい

mineoやめといた方がいいかも…

  • 格安SIMでも通信速を求める人
  • とにかく安い格安SIMを探している人



目次

mineoってどこの会社がやってるの?

mineoは光回線などを提供しているプロバイダーの「ケイ・オプティコム」がやっています。

関東ではあまり馴染みのない会社かも知れませんが関西ではNTTに匹敵するほどのシェアを誇るプロバイダーで、関西電力の100%子会社という会社です。

かなり大きい組織が運営しているので安心感を持って使える格安SIMです。

mineoは2014年6月にサービスが開始され、当初はauのみの提供でしたが2015年9月にdocomoでの提供を開始しマルチキャリア対応となりました。格安SIM初のマルチキャリア対応したのがmineoなんです。

auとドコモの両方が使えるためユーザー数も多く、評判や口コミもネット上に多数アップされています。実際使っている人の生の声が多く見ることができるので安心ですね。

また、コミュニティサイト「マイネ王」も活発に更新されており、ユーザーとの距離感が非常に近いのも大きなポイントの一つ。機種の対応情報や回線増強のお知らせまでかなり情報量が多いため、格安SIMが初めての方にも優しいのが特徴です。

公式サイトを見てみる ⇒ mineo

mineoの評判まとめ

amazonや価格.com、twitterなどのmineoの評判をまとめてみました。

mineoのメリット

  • パケットギフトやフリータンクが便利
  • マイネ王がおもしろい
  • プランが豊富
  • マイネ王がおもしろい
  • 意外と手続きが簡単

mineoのデメリット

  • 昼間の遅さ
  • 即日開通できる実店舗が少ない
  • 他と比べて安くはない
  • 12ヶ月以内のMNP転出時の手数料が高い

mineoのメリットはサービス面にあり

mineoの評判を見ていると「パケットギフトやフリータンクといったサービスが嬉しい」「コミュニティが活発で中の人との距離が近い」というような声が多くありました。

特にキャリアを問わずデータ容量を分け合えるフリータンクが好評のようで、うまく使えばデータ容量が少ないプランでも上限に引っかからずに運用できます。

こういった他の格安SIMではやっていないサービスがmineoの大きな特徴ですね。

フリータンクやパケットシェア、家族割などファミリー利用にもおすすめ

フリータンクはキャリアを問わずにデータ容量のやり取りができますが、パケットシェアでは家族の繰り越した分のデータ容量を分け合うことができます。

さらに、家族で契約した場合に各回線から50円値引きされる家族割などがあるため一人で格安SIMを契約するよりも家族全員でmineoにするとオトクになっています。

また、複数回線割というものも用意されており、同一名義で複数回線を契約した場合にも1回線あたり50円引きになりますので恋人間でも割引がききますよ〜。

マイネ王が参考になりすぎる

一般的なサポートサイトだと、よくある質問とかでまとめられがちですが、マイネ王はユーザー参加型のコミュニティサイトになっていて、だれでも投稿できるので非常に参考になります。

契約する前からも見ることができるので、mineoの評判・口コミを検索したり、端末の動作状況などをチェックできたりと、様々な情報が日々更新されています。中にはピンポイントすぎる質問もありますが、同じように困っているユーザーにとっては重要なヒントになりますもんね。

また、マイネ王はmineoのスタッフも更新しており最新の端末での動作検証や技術的なことまで書かれていますので、非常に参考になります。

ユーザーだけじゃなく、中の人も活発に発言しているコミュニティがあるのは心強いです。

au系格安SIMでiPhoneを使うならmineo

au系の格安SIMではiPhone(正確にはiOS8以上)が使えないという非常にやっかいなトラップがあるのですが、mineoはiPhone6s、iPhone6s Plusの動作確認を公式サイトで発表しています。これは嬉しいですよね!

最新のiOSの動作検証もmineoの技術の方が検証した結果が随時更新されるなど、対応の進捗状況が見て取れるので安心感が違います。一方のUQ mobileはそういった動きが全く見えないのが残念なポイントです。

ちなみにdocomoのiPhoneならmineoで問題なく使えることが確認されています。

UQモバイルと比べると安い

UQモバイルのデータ容量3GB通話付きプランが1,680円なのに対してmineoは1,510円。なんと、170円も安いんですね!

実はauの格安SIMの中でもmineoは最安級の価格帯になっているので、安さを重視するならおすすめです。

ただし、docomoプランはデータ容量3GBの通話付きプランが1,600円と、こちらは平均的な価格帯となっており安さを求めるのであればDMM mobileかDTI SIMがいいでしょう。

無料通話付きプランもある!

格安SIMで一番のネックだった通話料ですが、最近無料通話付きのプランがあるMVNOが増えてきました。

楽天モバイルやDTI SIMなどは5分以内の通話なら何度でも無料という形ですが、mineoは通話定額30と通話定額60というプランで対抗しています。

プラン名 料金 無料通話
通話定額30 840円(税抜) 無料通話30分付き
通話定額60 1,680円(税抜) 無料通話60分付き

通話ってそれほどしてないと思っていても、短時間の通話が重なると意外と使っているんですよね。

申し込みは必要ですが専用アプリを使わなくていいので、いつもと同じように使うだけで通話料が安くなる可能性があります。

まずは今1ヶ月でどれくらい通話しているのかをチェックするのがいいでしょう。

格安SIMが遅い時代は終わった!プレミアムコース

プレミアムコースに加入していれば通常とは違う専用の帯域を通して通信するので常に快適なネットサーフィンが可能になります。

・・・と言っても、まだ無料トライアル中なので正式サービスではないのですがこの試みは嬉しいですね。

トライアルは無料で申し込みできますのでmineoにされるならぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

mineoのデメリット

mineoの評判の中でよくデメリットとして挙げられているのが通信速度の遅さです。

また、一時は最低利用期間がないというのがメリットでしたがその代わりに12ヶ月以内のMNP転出料が高くなってしまいました。

この辺りのデメリットも詳しく解説しますね。

平日昼間の速度はめっちゃ遅め

ユーザーの集中する昼間に速度が落ちるというのはmineoに限らず格安SIM全般に当てはまることです。しかし、auの端末が使える格安SIMはmineoとUQモバイル(とFiimo)しかないのでどうしても比較されてしまいます。

UQモバイルは速度面にて全格安SIMの中でもトップクラスでmineoより遥かに速い速度で通信を行えるのが強みです。

それに対しmineoは1日を通して通信速度にバラつきがあり、朝の通勤ラッシュ・昼休み・帰宅ラッシュと通信が集中する時間帯の速度は非常に遅いのが現状です。

SNSくらいならなんとか見れるのですが、通勤時間にゆっくりストリーミングを見ようとするとかなり厳しいですね・・・。

mineoとUQ mobileの速度比較を毎月行っているのでこちらもご参考ください。

公式サイトを見てみる ⇒ mineo

12ヶ月以内のMNP転出料が高い

mineoは最低利用期間を撤廃したため、契約後すぐにやめても他社で必要となる契約解除料がかかりません。これは確かにメリットなのですが、その代わりに12ヶ月以内のMNP転出料が12,420円(税込)と高いんですね。

他社だとMNPの転出手数料は3,000円ほどに加えて、12ヶ月以内の契約解除料が9,500円と設定されているところがほとんどです。

つまり、最低利用期間がないのはいいように思えますが通話付きのプランを契約すると12ヶ月の縛りがあるのとほぼ同じになります。もちろん、MNPしなければ通話付きプランでもすぐにやめることができますが今の電話番号は使えなくなりますので注意が必要です。

mineoのおすすめの使い方

私はmineoのau(プラン)のシングルタイプ(データ通信のみ)3GBを契約しています。利用している端末はauのiPhone5です。

用途はブラウジング、SNS、動画閲覧、マンガ、ゲーム、地図などです。主に、エンタメ目的ですね…。時間帯は通勤時間と昼休み、寝る前。いずれも通信が混雑する時間帯で格安SIMにとっては遅くなる魔のタイムゾーン。

おそらく、ほとんどの人が同じような時間に同じような使い方をするんじゃないでしょうか?

で、実際どうなのよと言うと・・・昼以外は使えます

mineoに限らず格安SIM全般に言えることですが評判通り、平日昼間のおっそいこと!動画止まりまくり。マンガも読み込まない。twitterのタイムラインはテキストが見れるけど画像が表示されない。ながらスマホはやめてお昼ごはんに集中しなさいと言われているようです

とは言え、遅くなるのは本当にお昼休みの12時〜13時の間。その時間帯から少しズレれば使えます。

高速通信とまではいかないですが、上記のような使い方だとそこまでストレスを感じる事無く使えています。通信速度に関してはどこも同じようなものです。

それよりも、フリータンクがとってもいい感じなんです。

めんどくさそうだし、大体3GBあれば事足りるから魅力を感じていなかったんですが使ってみると便利すぎでフリータンクさまさまです。

実際、月末になると結構データ残量がカツカツになることが多くマイページやmineoスイッチをチェックする回数が増えてきます。なんかこう、追われている感がするんですね。

でも、一度フリータンクを使ってからはプラス1GBデータ容量が増えることになるので、かなり気持ち的に余裕が持てるようになりました。

つまりmineoは速度よりもサービス内容の充実、使っていて楽しい格安SIMを探している方にピッタリです。

音声通話に関してはキャリアの回線そのままを利用するので、比較すべきは回線の質・速度、サービス、価格に絞られます。

多くのMVNOが価格競争に踏み込むなか、mineoはユーザーに魅力あるサービスを提供してくれる格安SIMです。

ぶっちゃけUQモバイルと比較してmineoってどう?

私はメイン回線でUQモバイルを使っているのですが、比較するとやっぱり気になるのはmineoの遅さです。(上でフリータンクバンザイとか書いときながらアレですが・・・)
昼間はもちろん、それ以外の時間帯でもmineoがUQモバイルの速度を上回ることがない状況です(今のところは)。

HD動画を見る、資料を素早く落としたいといった用途があるならば通信速度が遅いと厳しいですが、下り5Mbps出ていれば割りと普通に使えるんです。ぶっちゃけ5Mbpsも30Mbpsもそこまで変わりません。気持ち、ちょっと引っかかるかな?くらいなもんです。

よほどのヘビーユーザーでなければ高速通信の恩恵ってあまり受けられないので、料金が安くサポートや提供サービスが魅力的なmineoが多くの人から評判がいい理由だと思います。

通信費が安く、格安SIMにしてもサービス内容が大事とするならば、やっぱりmineoがおすすめです

公式サイトを見てみる ⇒ mineo

mineoで使えるスマホは?

あなたのスマホが安くなる!とは言うものの、どんなスマホでもmineoが使えるということはありません。詳細な動作確認端末は公式サイトに書かれているとおりですが、au、ドコモともにここ2,3年前に登場した端末であればほぼ対応しています。

対応機種をずらーっと載せても何の面白みもないので、mineoをスマホで使う際の気になる点をまとめました。

auプランは3Gが非対応でエリアが狭い、の真相

mineoのドコモプランは4GのLTEと3GのFOMAの両方でデータ通信ができるためエリアが広い一方で、auは4G LTEしか接続されないためエリアが狭いと言われますが本当なのでしょうか?

結論から言えば確かにドコモよりは狭いけど気にするほどじゃないです。

と、いうのもau 4G LTEはいわゆるプラチナバンドと呼ばれる800MHz帯を使っているため提供エリアが広く、人口カバー率は99%を超えています。ですので狭いといっても劇的に狭いわけではなく、一部山奥で繋がらないといった程度なので、大半の人は支障のない問題だと言えるでしょう。

また、mineoのauプランだけではなくUQモバイルやFiimoといったau系の格安SIMは同じ問題を抱えていますが、特にエリアが狭い!使えない!といった苦情がないのも、au 4G LTEがそれだけちゃんと使えている証拠です。

ですので、mineoのAプランはDプランよりエリアが狭く使い物にならないと過剰に書かれているところもありますが、決してそんなことはありませんのでご安心を。

iPhoneって使える?

mineoの公式サイトによると、ドコモプランはiPhone5s/5c以上、auプランはiPhone6以上で動作確認が取れているため対応しているiPhone及びiOSの端末は利用することができます。

ただ、私は動作確認対象外であるauプランのiPhone5を利用しています。テザリング・SMSが使えない以外は電話もインターネットも問題なく利用できているのでもしmineo(Aプラン)でiPhoneを使おうと考えているならご参考ください。

> mineoでiPhone5を使っている私が方法を徹底解説

公式サイトを見てみる ⇒ mineo

iOSのバージョンに注意

2016年7月現在、mineoの公式サイトに書いてあるiPhoneの動作確認はあくまでも参考です。これから先、ずっと使える保証はありません。

と、いうのもiOSのバージョンによって左右されてしまうからなんです。

幸い、mineoは中の人がかなり情報を公開してくれていますので新しいiOSがリリースされるとすぐに動作確認を行って結果をマイネ王内でアップしてくれます。

ですのでmineoでiPhoneを使うなら、iOSの新バージョンが公開されてもすぐにアップデートせずに、マイネ王の情報を確認してから作業するようにしましょう!

設定方法

iPhoneを使うにはネットワーク設定が必要になります。

Androidの場合、APN設定を自分で入力しないといけないのでめんどくさいですがiPhoneの場合はmineoが用意してくれているプロファイルをインストールするだけなので簡単です。

> ネットワーク設定(iOS端末)

上記URLにアクセスして対応するプラン、使うiPhoneの機種通りのリンクにアクセスすればOKです。

ちなみに私のAプラン/iPhone5ではa2のプロファイルで動作しました。

テザリングについて

mineoでテザリングする場合、ドコモプランであれば「インターネット共有」の設定からテザリングが可能なのですがauプランではどう転んでもテザリングすることができません。

ですので、mineoのauプランでiPhoneを使ってテザリング接続でPCのネット環境を構築しようとお考えの場合は、端末を買えるかポケットWiFiを契約するなどをおすすめします。

SMSが使えない場合は4Gを切る

電話番号だけでメッセージが送れるSMSですが、mineoでiPhoneを使っているとSMSがうまく送受信できないケースがあるようです。

私の環境(Aプラン:iPhone5)だと全く使えません。

ですが「設定→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信のオプション→4Gをオンにする」をオフにすればSMSが使えるというちょっとした裏ワザ?があります。

実は4Gというのはデータ通信だけで通話やSMSには使われていないですね。そこで、データ通信だけ切ってしまって通話回線のみにしておけばAプランで非対応のiPhone5でもSMSが送受信できるってわけです。

ただし、使い勝手は非常に悪いのでWEBサービスの登録時など、前もってSMSを受信できるタイミングなどでしか使えないため、常時使うには諦めて対応端末を用意したほうがよさそうです。

mineoのメールはiPhoneのMMSでは使えない

mineoを契約すると「〜@mineo.jp」のメールアドレスがもらえますが、受信する設定は自分でやらないといけません。iPhoneでキャリアメールを利用していた場合、MMSにて設定していたと思いますがmineoのメールはMMSでは使えません。

なので、メールアプリからアカウントの設定を行う必要があります。また、「〜@mineo.jp」はPCメールとして認識されるため、キャリアのアドレス宛てに送る際には前もって迷惑メールフィルタの解除をお願いしておきましょう。

mineoってauとドコモが選べるけど違いがあるの?おすすめは?

mineoはauとドコモの両回線を選べる格安SIM初のマルチキャリアとして登場し、評判を集めたわけですが実際どちらがおすすめなのかというと今使っているキャリアの端末をそのまま使うなら、それに合った回線を選ぶのが基本となります。

つまり、auを使ってるならAプラン、ドコモを使ってるならDプランということですね。

まぁ、コレに関しては特に違和感なく理解していただけると思いますが別に絶対この通りにしないといけないわけでもありません。別にドコモの端末をSIMロック解除してAプランを利用したっていいわけです。

Aプラン、Dプランそれぞれの特徴をまとめましたのでご参考ください。

Aプランの特徴

  • 通信速度:受信最大225Mbps/送信最大25Mbps
  • 3Gエリアが使えない
  • Dプランより安い
  • SMS利用料が無料

Dプランの特徴

  • 通信速度:受信最大225Mbps/送信最大50Mbps
  • エリアが広い
  • Aプランよりちょい高め
  • SMS利用料がかかる

通信速度に関してはau、ドコモそれぞれの違いなのでmineoのプランによって差があることはないですが、エリアが少し異なってきます。

DプランはドコモのXi(4G)とFOMA(3G)の両方が使えるのに対し、Aプランはau 4G LTEしか使えません。ですので3GエリアのみのところだとAプランじゃ圏外になってしまう可能性があります。とはいえ、au 4G LTEはプラチナバンドを使用しており人口カバー率も99%超えとのことなので、よっぽどの僻地へ行かなければ大丈夫です。

あとは、料金の差ですね。シングルタイプは変わりませんが、音声通話ができるデュアルタイプはDプランの方が90円ほど高くなっています。

しかも、Aプランはシングル・デュアルタイプともにSMS利用料が無料なのに対し、Dプランのシングルタイプは1ヶ月120円かかってきます。

特に乗り換える予定はなくても、プランによる違いを知っているとマイネ王での書き込みをみて自分に関わることなのかそうでないのかの判断もできますので、損はないかと思います。

公式サイトを見てみる ⇒ mineo

mineoのおすすめプラン

【mineoの料金プラン表】

プラン データ容量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
700円 800円 900円 1,580円 2,520円
【au】デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円
【ドコモ】デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

まず、メインにするかサブとして2台目で使うかによっておすすめのプランは異なります。

今までのメイン回線から乗り換えて、スマホ代をざっくり削減するんだ!という人はデュアルタイプですね。メイン回線ですから電話番号があった方がいいので自然な選択だと思います。

逆に2台目でネットを使う専用と考えているならシングルタイプとなります。この場合、ガラケーを用意して通話用に一番安いプランでキャリアを契約しておいて、今のスマホをmineoで使うというパターンになります。いわゆる2台持ちですね。

基本のプランが決まれば次はデータ容量を選ばなければなりません。mineoでは500MBから10GBまで5つのデータ容量の中から選択できます。

現状、1ヶ月でどれくらいのデータ容量を使っているかはキャリアのマイページや利用料金などに掲載されていることが多いのでそれをベースにmineoのデータ容量を決めましょう。

ただ、きっちりとその容量にする必要はなくてmineoの場合はフリータンクで月1GBほどもらえますので、それを考慮しておきましょう。

例えば・・・現在ひと月4GB使っていてキャリアの5GBプランで契約している場合、5GBを申し込まなくても3GB+月末にフリータンク1GBで乗り越えられることができるかもしれないですよね?

3GBと5GBって数百円ほど違うので始めは3GBで申し込んでからフリータンクやパケットシェアなどを活用してみて、それでも厳しければデータ容量を上げる、という使い方をするのがおすすめです。

mineoの申込方法

格安SIMは基本的にネットからの申し込みとなっていますが、最近では家電量販店の窓口などで申し込めるところも増えてきました。

mineoもネットだけではなく様々な方法で申し込みができますのでご紹介します。

おすすめは全て家から完結することができるネットでの申し込みです。確かに店舗だと対面で対応してくれるため安心なのですが、待ち時間があるのがネック。

ネットからなら好きなタイミングで申し込むことができますし、待ち時間もゼロ、店員さんの余計なトークに消耗することもありませんののでおすすめです。

ネットで申し込む

ネットで申し込むならすごく簡単・短時間で完了します。

mineoを契約するまでのステップは下記の通りです。

  • 1. 申込方法の選択(エントリーコードの有無)
  • 2. プランを選ぶ
  • 3. タイプを選ぶ
  • 4. コースを選ぶ
  • 5. 端末をセットで買うか選ぶ
  •       セットで買うなら端末選択

  • 6. SIMカードの種類を選ぶ
  •        MNPの選択

  • 7. オプションの申し込み
  • 8. 契約者情報の入力
  • 9. 支払情報確認・支払情報の入力
  • 10. 本人確認

こうやって書くと非常にめんどくさく感じますが、基本的には画面に表示されている項目をチェックする・埋めていくだけでOKです。

本人確認書類やMNP予約番号などを予め用意しておけば、申し込み完了まで10分くらいでした。

ただ、ちょっと抑えておくべきポイントだけご紹介しますね。

本人確認書類を用意しておくこと

mineoを契約するときに必要な本人確認書類は下記のとおりです。

運転免許証、パスポート、被保険者証(健康保険証、国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)、顔写真付き住民基本台帳カード、共済組合員証、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳、個人番号カード

また、本人確認書類の記載住所が変更になっている場合等の補助書類としては、「公共料金領収書」「届出避難場所証明書」が認められます。

これらの本人確認書類はスマホで写真を撮っておきましょう。PCから申し込む場合は写真をスマホから移しておく必要があるので、スマホで申し込む方がスムーズでおすすめです。

エントリーコード・エントリーパッケージを使って申し込む

各種キャンペーンで配布されているエントリーコードや、amazonなどで販売されているmineoのエントリーパッケージを利用するなら、申込みの一番初めのページで選択する項目が出てきますので、持っている方を選択するのを忘れないようにしましょう。
mineoでエントリーパッケージ・エントリーコードを使う

MNPでmineoにする

プランの選択、タイプの選択、データ容量のコースなどを選び、SIMカードの形状を決定してすすむとMNPする/しないの選択画面に移動します。

ここで「MNPする」を選ぶと入力画面が現れますのでMNP予約番号や有効期限などを漏れ無く入力します。もし、予約番号などがわからなければ、右真ん中に「MNPお申込み方法」というリンクがあります。

ここには各キャリアのMNP予約番号を取得する方法が記載されていますので迷ったらご覧ください。
mineo-mnp

店舗で申し込む

mineoはネット申込みだけではなく、店舗での受付も行っています。

2016年9月16日現在、mineoショップは大阪と名古屋の2店舗あるようです。

それ以外にもヨドバシカメラやパソコン工房などで対応しているようなので、お近くに店舗がある場合は相談に行かれるのもおすすめです。

また、ビックカメラやヤマダ電機、Joshin、EDIONなどでは店頭での新規受付は行っていないのですが、エントリーパッケージの購入は可能です。もし、格安SIMに詳しい店員さんに当たればいろいろ教えてくれるかもしれませんので、覗いてみるのもありかもしれません。

キャンペーンを狙ってmineoをお得に契約する

mineoは定期的に割引キャンペーンを開催しています。

2016年9月16日現在、デュアルタイプ(音声通話付きプラン)を申し込むとシングルタイプ1GBコース分の利用料が6ヶ月間割引のキャンペーンをやっています。

つまり、半年間800円(税抜)引き!

mineoが2周年記念だったときのキャンペーンは3ヶ月間800円値引きだったので、それよりもお得ですね・・・

メイン回線として音声通話も必要だという方は今が申し込み時ですよ!

mineoの解約について

解約方法

mineoの解約はユーザーサポートページから申し込むことができます。

マイページからは該当ページにたどり着くことは困難でしたので、素直にmineoのサポートページの下の方にある「ご利用中のお客さま」→「サービス変更」から解約を行いましょう。手続きにはeoIDとパスワードが必要になってきますので忘れず用意しておくことをおすすめします。

月の途中で解約した場合は日割り計算になるので、月末・月初がお得ということはないので自分のタイミングのいい時期で申し込みを行うことができます。

違約金について

mineoはシングルプラン、デュアルプランともに契約解除料や解約精算金といった手数料はかかりません。

ただし、通話ができるデュアルプランを契約している場合のみ12ヶ月以内の他社へのMNP転出はMNP転出手数料12,420円(税込)がかかってくるので注意しておきましょう。

SIMカードは返却

解約したらSIMカードは破棄してくださいというMVNOもあるようなのですが、mineoは契約している内容によって異なります。

【auプランの場合】
返却は不要。SIMカードは各自で破棄する。

【docomoプランの場合】
返却が必要。返却先は解約時のメールに記載している。返送にかかる送料はユーザー負担。

回線を借りている元の会社(MVO)によって異なるようです。

【まとめ】mineoがアリだぜ!な理由

mineoで気になる点といえば昼間の速度低下ですが逆にそれさえ気にならなければ、ユーザー数も多く・コミュニティも活発でサポートも抜群・サービスも拡充しているので死角ナシの格安SIMと言えるでしょう!

でも長く使っていたキャリアから乗り換えるのは不安ですよね。

・格安SIMが気になるけど、いきなり契約するのはちょっと・・・
・今の格安SIMと通信速度を比べてみたい
・家族でデータを分け合えて通信費の削減ができるのは魅力的

であれば、最低利用期間がないデータ通信プランを使ってみることをおすすめします。

お試しでmineoを使ってみて速度もデータ量も問題ナシだったら乗り換えればいいんです!

迷っているその間にも、無駄なスマホ代がかかっています。
mineoにすれば月々のスマホ代が約半額になるので、早く申し込むに越したことはないですよ!

公式サイトを見てみる ⇒ mineo