UQモバイルを1年以上使って感じた速度以外の強み

格安SIMの中でも通信速度が早いと評判のUQモバイルをメイン回線として使い始めて1年以上が経過しました。

当初からau回線と同じくらい早くほかのMVNOとは一線を画する速度を維持し続けているUQモバイルですが、長く使い続けているからこそ「通信速度面以外での強み」というものがわかってきました。

最近では「UQモバイル、だぞっ」のフレーズとともに、ガチャピン・ムックと三姉妹が登場するCMで最近よく見かけるようになったUQモバイル(ユーキューモバイル)。

いま使っているスマホの2年縛りが解けて格安SIMにしようかなと思っている人や、そもそもUQモバイルってどうなの?という疑問に対して、公式サイト焼き増しの口コミサイトやレビュー記事とは違った、ロングユーザーである私のリアルな使用感をお届けします!

まずはUQモバイルは本当に安くなるのか?ということですが下の画像をご覧ください。

先月の利用料金ですが、月額2,000円ほどで済んでいます。auのときは機種代を抜いても6,000円ほどかかっていたので計算すると月4,000円ほど通信費を節約することができました。
2017年4月のUQモバイル月額料金
つまり、1年で48,000円、5年で24万円も節約できるという事!
しかもこれはスマホ1台だけの計算なので、家族全員が乗り換えるともっと節約できますよね!

とはいえ、UQモバイルは格安SIMなのでスマホ代が安くなることは当たり前なんです。

数多くあるMVNOのなかでUQモバイルの通信速度が突出して速いというのがメリットであることは、多くの口コミやレビューサイトにて速度測定の結果が掲載されています。

ですが、1年以上UQモバイルを使い倒している私からすると

「速いだけでなく安定して通信ができるのがUQモバイル最大の強み」だと感じています。

2017年5月UQモバイルの通信速度

これは、2017年5月に通信速度をチェックした結果です。

まず、見ていただきたいのが格安SIMの速度が極端に遅くなると言われている平日昼間の休み時間。多くのMVNOがダウンロードで1Mbpsを下回るのですが
UQモバイルは20Mbps以上という驚きの通信速度が出ています。

さらに格安スマホは通信速度のバラツキが多く、速かったり遅かったりすることがあります。
MVNOによっては確かに安くはなったけど繋がりにくくて乗り換えたのは失敗だった、ということもあるんですね。

しかし、UQモバイルはどの時間帯を見ても20Mbps以上の速度が出ています。

上の図だと早いときで57Mbps、遅いと20Mbpsとバラつきがあるように思えるかもしれませんが、正直20Mbpsを超えていれば体感的にはほとんどわかりません。

他の格安スマホの場合のバラつきというのは遅いと1Mbps、早いと30Mbpsと操作していても違いがわかるのでその差がストレスになるんですね。

つまり、毎月のスマホ代を抑えたい、それでいて今までと同じように快適に使いたい・・・

そうお考えなら、UQモバイルで間違いなしです!

※当サイト限定!※

いまなら最大13,000円分の商品券をプレゼントキャンペーン中!

キャンペーン付き公式サイト ⇒ UQモバイル

目次

UQモバイルでオトクになれるのはこんな人

  • スマホ代を節約したい
  • 通信速度は速くて安定している方がいい

この2つのポイントに全て当てはまるのであれば、UQモバイルにして間違いないです。今までと同じように使えているのに、びっくりするくらいスマホ代が安くなります。

…なぜ言い切れるのかって?繰り返しになりますが

すべて当てはまる私が、auからUQモバイルにして1年以上経った今も、auと変わらない使い方でスマホ代が節約できているからです。

本当に、本当に安く使えているので大助かりしています。

逆に通信速度よりも、毎月の安さを重視するならUQモバイルは不向きです。au系であればマイネオの方が安いですし、ドコモ系であればDMMモバイルが最安値級となっています。

とは言っても、数十円〜100円ちょっとくらいの差です。

上記の2点に当てはまるなら(特にau端末をお使いなら特に)、スマホ代を抑えることができるうえに変わらない使い方が出来るので本当におすすめです。

UQモバイルの評判は?

個人的には安くて速いUQモバイルに不満はないのですがネット上での評判は賛否両論、様々です。

どんなことが書かれているのか、Twitter・Amazon・価格.comなどのレビューからまとめてみました。

UQモバイルのいい評判

  • 乗り換えたのがわからないくらい早い
  • 昼間でも通信が快適で通常利用には支障がない
  • 即日切り替えが可能で、使えなくなる時間がほぼゼロ
  • 設定がカンタン
  • サポートが親切丁寧
  • 通話品質は問題なし

やはり通信速度の面において評価が高いですね。

一時は昼間の速度低下が見られたものの、最近はまた高速通信が戻ってきています。いつでも安定した通信が出来るというのは、スマホを使う上で重要ですよね。

また、サポートの対応については一部で最悪だというコメントが見られましたが比較的、親切丁寧で安心してサポートを受けられたという意見が多かったです。

UQモバイルのネガティブな意見

  • 料金プランが少ない

通信速度が速いと言うのは使っていて以上にメリットなのですが、料金プランの少なさはUQモバイルの弱点と言えますね・・・。他MVNOのように細かくデータ容量別に別れていません。

大きく分けると「データ高速(3GB:音声通話あり・なし)」「データ無制限(音声通話あり・なし)」「ぴったりプラン(1GB)」「たっぷりプラン(3GB)」となります。

※2017年2月22日より、5分かけ放題のおしゃべりプランが新登場!

格安SIMを使う人の多くは3GBあれば十分だというデータがあるとは言え、もう少しラインナップを増やして欲しいところです。

また、スマホとセットで販売されている端末が少ないと言われてきたUQモバイルですが、2016年10月の発表で4機種の情報が公開され、その後もぞくぞくと端末がました。他社と比べて選べるスマホが少なかったのはもはや過去のこととなりつつあります。

最近では独自モデルを発表するなど大手キャリア並みの機種ラインナップになってきているんです。

UQモバイルで使える端末は?

キャンペーン付き公式サイト ⇒ UQモバイル

実際にUQモバイルを契約した人から頂いたコメント

先程まではネット上で書かれている評判でしたが、実際に私の周りで使っている人や当サイトに頂いたコメントをご紹介します。

28歳:会社員28歳:会社員

家ではWiFiがあるため、主に使うのは通勤時間にゲームやSNS、休憩時間に漫画を読むなどです。格安SIMは安いけど遅かったりすることもある、と聞いていたけど「UQモバイルは速い」と書かれているサイトが多かったのでMNPしたらホントその通りでびっくりしました。auの時と全く変わらず使えています。

34歳:主婦34歳:主婦

安くなったのがとにかく嬉しい!格安スマホに対してよくわからないので避けていたけど、これだけスマホ代が節約できるならもっと早く乗り換えたらよかったです・・・。メインはLINEなどのSNS。通話もLINE電話をよく使いますが途切れたりなど困ったことは全くありません。

43歳:会社員43歳:会社員

あまりスマホを使っていないのに毎月高い料金の支払いが納得いかずUQモバイルにしました。手続きが難しそうだと思っていたのですがサポートの人にも親切に対応していただき、意外と簡単に終わってしまい驚きました。家族全員で乗り換えたのでかなりのスマホ代が節約できて助かっています。

最近はCMなどでも目にすることが多いため認知度は確実に広がっています。

それでも、今まで通り使えるか心配にな人が多いのと、手続きが難しそうというイメージがあるようです。

しかし、いただいた感想の通り、大手キャリアと同じように使えますし手続自体はWebサイトから簡単に行うことができます。

「あれ、ほんとに格安スマホになったの?」というほど体感は変わらないですが、初めての請求を見てその安さに驚くはずです。

実際は今まで通りスマホが使えて安ければそれでいい、という人がほとんどで「UQモバイルの評判がいいのは通信速度だけ」というのはちょっと情報機器に詳しい人くらいしか気にしない部分なのかもしれませんね。

公式サイトを見てみる ⇒ UQモバイル

UQモバイルとmineo、ぶっちゃけどっちがいいの?

auで格安SIMを使おうと調べると2つのMVNO事業者の名前をよく見られると思います。

そう、UQモバイルとmineo

両方使っていて思うのは「速度を取る」か「サービスを取る」かだということです。

正直、UQモバイルは料金プランが少ないですし独自サービスが多いわけでもない。割引とかもないですし月額費用が最安なわけでもないですしね…。でも格安SIMの中でも全時間帯を通してトップクラスの通信速度なのがUQモバイル最大のポイントです。

一方のmineoは通信速度はバラつきがあるものの、ユーザーコミュニティのマイネ王は見ていて楽しく重要な情報もバンバン流れていますし、全ユーザーでデータ容量を分けられるパケットタンクなんかは画期的な取り組みです。使っていて楽しいのがマイネオなんですね。

どちらが優れている、といったわけではなくこの両社はうまく住み分けができていると感じています。MVNO事業者の多いドコモ系では価格競争になり始めていますからね。

mineoについてはコチラ ⇒ mineoの評判と半年以上使ってみて感じたおすすめの使い方

で、結論はどうなのよとなりますが、ぶっちゃけ始めに書いたとおりです。

通信速度が安定して速い方がいいならUQモバイル
面白い取り組み・サービスで選ぶならマイネオ

私がメイン回線にUQモバイルを選んだ理由は「いくら安くてサービスが良くても、遅くてストレスになるのはイヤ」だったからです。

格安SIMにするので、スマホ代が安くなるのは当然のこと。
それに加えて、今まで通り快適に使えることも重要な要素でしたから。

速度?サービス?
あなたはどっちを取りますか?

公式サイトを見てみる ⇒ UQモバイル

UQモバイルを1年以上使って感じた「通信速度が速い」以外の強み

2017年5月UQモバイルの通信速度

「UQモバイルと言えば格安スマホの中でダントツに通信速度が速い」

スピードテストの結果や体感的な感想を踏まえても、本当に速いんです。

ただ、上の測定結果の画像を見てもピンとこないですよね。

具体的な例として、例えばストレスなくネットサーフィンや標準画質の動画ストリーミングを見れるのが下り3Mbps以上、youtubeのHD動画一本を快適に見ようとすると下り7Mbps以上、HD動画の高フレームレートで安定したストリーミングには下り25Mbpsが必要です。

au、ドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアは常に30Mbpsを超える速度が出ている事が多いのですが、格安スマホはと言うと、下り1Mbpsに満たない時間帯があったり、通信量が空いている時間で速くても20Mbpsほどでればいい方なんですね。

下り1Mbpsとなると、TwitterやFacebookの文章は見れるけど画像や動画は中々表示されない。
ウェブ漫画や動画のストリーミングはちょっと厳しいかな。。。といった速度
になります。

それを踏まえてもう一度上の画像を見ていただくと、UQモバイルの速度がどれだけ速いかがわかってもらえるかと思います。

ただ、1年以上ず〜っとメインで使っていて最近感じるのは通信速度の速さ以外にも強みがある、ということです。

公式サイトを見てみる ⇒ UQモバイル

「安定して速い」からUQモバイルは強い

「通信速度」というものは光回線だろうがWiMAXだろうが計測するごとにバラつくものなんです。
その中でも格安SIMは特にその差が顕著に出ており、1回目20Mbps(ping:98ms)、2回目3Mbps(ping:56ms)ということもザラにあるくらい不安定になることが多いんです。

【Mbps?pingって?】
Mbpsとは、通信速度の単位で1秒間に転送できるデータ量を表します。数値が大きいほど1秒間でやり取りできるデータが多く高速ということになります。
Pingとはデータを送信してから返事が返ってくるまでの所要時間、つまり「応答速度」のことです。Ping値は小さいほうが応答速度が速くていいとされています。オンラインゲームやLINE通話などのネットを使った通話アプリはリアルタイム性が重視されるため、通信速度よりもPing値が重要になります。例えばPing値が大きいと通話アプリを使ったときに声が遅れて届いたり、途切れてしまったりします。

そんな中、今月の測定結果を見ていただいたとおりUQモバイルは全時間帯を通して20Mbps以上(平均ping:約50ms)という速度を記録しています。

つまり「UQモバイルは安定して速い」んです。

ずっと快適な速度でスマホを使えるというのは他の格安SIMにはないUQモバイル最大の強みだと言えるでしょう。

ネットサーフィンしていても、ストリーミング動画を見ていても、音楽を聞いていても、マンガを読んでいてもUQモバイルなら格安SIMだという言うことを忘れるほど快適なんです。

サポートの質も丁寧な対応で◎

格安スマホでも電話サポートを受け付けているところは多いですが、終了時間が17時や18時までのところが多く、日中は仕事などで問い合わせしたいけどサポート終了している・・・ということがよくあります。

UQモバイルの電話サポートはフリーコール(0120-929-818)で受付時間が9:00 – 21:00(年中無休)とかなり問い合わせしやすい時間帯になっています。

そして、心配なのがサポートの質です。

これは格安SIMに限らずどの業界のヘルプデスクにも言えることですが「対応してくれた人によって違う」ことがありますよね。

他のUQモバイルの評判を見ていても「サポートの対応が遅くて最悪だった」という意見があると思えば、逆に「こっちが気づかない細かなところまで教えてくれて親切だった」というコメントもあったりします。

僕自身、iPhone7がUQモバイルで使えるのかを電話で聞いたことがあるのですが今使っているSIMカードの種類から設定のやり方まで親切に教えていただけました。

その後も何度かサポートを利用しましたが質が悪いという印象はなく、個人的にはむしろ大手キャリアよりも親切丁寧なんじゃないかなと思います。

即日開通の店舗が多いのもUQモバイルのメリット

格安スマホの特徴として「実店舗を持たないため人件費がかからないからその分利用料を安くできる」といった点が挙げられます。

が、やはり店舗へ行って実際にいろいろ聞いてみないと判断できないという人が多いのも事実なんです。

UQモバイルはMVNOの中でも早い段階から窓口サービスを開始していて大型家電量販店で契約できたりしていたのすが、最近は「UQスポット」と呼ばれる販売ショップを全国で展開しています。

即日開通はもちろんUQ mobile対応のスマートフォンを実際手にとってお試しできるのがいいですよね。

もちろん、専門スタッフに料金・契約・設定など様々な相談をするのもOKです。

家電量販店やショッピングモールなども含めると全国で約1,750の店舗で即時開通ができるので、今すぐUQモバイルにしたい!衝動に駆られても大丈夫ですよ〜。

キャンペーン付き公式サイト ⇒ UQモバイル

UQモバイルではau・ドコモ・ソフトバンクのiPhoneも使える!

UQモバイルではSIMフリー版のiPhoneだけでなく、au・ドコモ・ソフトバンクで購入したiPhoneも使えるんです!
公式サイトの動作確認端末によると、SIMロックの解除によって各キャリアで使えるiPhoneは「iPhone6S以降のモデル」となっていて、iPhone6とiPhone6PlusはSIMフリー版とau版のみとなっています。

どちらもSMSはもちろん、キャリアと同等扱いのUQmobileメールとテザリングも使えるのでiPhoneで格安スマホを使うにはUQモバイルがベストチョイスとも言えるでしょう。

そろそろiPhone6の2年縛りが解ける人も多いと思いますが、今がUQモバイルにして通信費を節約する絶好のチャンスです。

ちなみに私は今までiPhone5を使っていたのですが、流石に限界を感じたので公式の動作確認にはのっていませんがiPhone7をUQモバイルで利用しています。

UQモバイルでiPhone7 / iOS10は動く!(実機動作確認済)

UQモバイルのデメリットは選べるプランの少なさ

格安SIMではデータ容量別に細かく料金プランが設定されているところが多いのですが、UQモバイルは料金プランが少ないのがデメリットになっています。

2017/02/22の時点での料金プランは大きく分けると「データ高速(3GB:音声通話あり・なし)」「データ無制限(音声通話あり・なし)」「ぴったりプラン・たっぷりプラン(プランS:2GB、プランM:6GB、プランL:14GB)」」となります。

UQモバイルの料金詳細についてはこちら

とは言え、よく使われている基本的なプランは提供されているのでよほどピンポイントにデータ容量を探しているのでなければ十分でしょう。

UQモバイルで使える端末は?

サービス開始当初のUQモバイルは選べる端末がほとんどなく、正直スマホとセットで契約するメリットは皆無でした。よく比較サイトでも「UQモバイルのデメリットは端末が少ない」と書かれていたくらいです。

でも最近のUQ mobileは違います!

今では多種多彩なスマホが用意されているだけでなくUQ mobileの独自モデルが発売されるなど、大手キャリア顔負けのランナップとなっています。

SIMフリースマートフォンの中でも評価の高いZenFone™2LaserやZenFone™3シリーズ、AQUOS LやarrowsM03といった国産メーカーのもの、VRヘッドセット付きのものまで様々です。

また、2017年1月25日には2017年春モデルとして、温水防水対応の「DIGNO W」、ドルビーオーディオ対応・オクタコア搭載のハイパフォーマンスモデル「BLADE™ V770」、いわゆるガラケーの形でスマホが苦手な層のための「DIGNO Phone」が発表されて話題になりました。

もちろん、格安SIMとしてSIMカードだけ差し替えて今までの端末でそのままUQモバイルを使うという選択肢もアリです。今だとiPhone6の2年縛りから開放されるのでこのタイミングでUQモバイルに、という人も多いんです。

今のスマホをそのままUQモバイルにして通信費の節約する人、端末を購入して心機一転、格安スマホを使う人など幅広いニーズに応えてくれます。

UQモバイルの料金プラン一覧とおすすめプラン

最近はLINE電話などインターネット回線を使った通話が主流で電話回線を使うことはほとんどないですよね。

それであれば通話+データ高速プラン(3GB)で十分です。

足りないと思いました?

でも実は、自宅や職場ではWiFiで使っているから、通勤時間くらいしかデータ量を消費していないため3GBあれば足りる人が多いんですね。

それでもちょこちょこ通話をするからかけ放題があったほうが安心だ、低速でもいいからデータ容量を気にせず使いたいという人向けにもUQモバイルはぴったりなプランが揃っています。

5分かけ放題か無料通話付きか、毎月変更可能なおしゃべりプラン&ぴったりプラン

今や格安スマホでも定番になりつつある5分以内の通話であればかけ放題というオプションですが、UQモバイルはオプションではなくおしゃべりプランとして選択することができるんです。

ただ、かけ放題じゃなくて無料通話付きのプランがいいという人もいますよね。そんな人にはたっぷりプランが無料通話付きとなっているので使い方によって決めるとよいでしょう。

実はこの2つのプラン、毎月変更可能となっているのでちょこちょこ通話しそうな月はおしゃべりプラン、ちょっと長めの電話があるときはたっぷりプランと使い分けできるのでとりあえず通話をよくする人はどちらかのプランに入っておくのが吉です。

UQモバイルの無制限プランは使い方によってはアリ

UQ mobileの評判がいい通信速度ですが、これは「データ高速プラン」を使用しての話になります。

実はUQ mobileにはどれだけ使っても月間データ容量の上限がない「データ無制限プラン」があるんです。

これは、送受信最大500kbpsと低速になるけども月間データ容量無制限で使えるというもの。

UQモバイルの無制限プランの評判としては、速度的には500kbpsということでさくさく快適!とはいかないですが、ネットサーフィンやSNSなどテキストメインのコンテンツであれば問題なく利用出来るようです。

しかしながらSNS上の写真やyoutubeなどの動画をみようとするとちょっと厳しいようですね。あとは、Googleマップなどの地図アプリでも拡大縮小時にちょっと表示が遅れたりと、ナビとして使うにも不安が残ります。

ネットラジオをかけっぱなしにしたりする用途には十分過ぎるのですがメイン回線としてガシガシ利用するには厳しいというのが実感です。

それならば、ぴったりプランを契約して普段は高速通信をOFFにして送受信最大300kbpsで運用、通信速度が必要なときだけ高速通信をONにする使い方をおすすめします。

UQモバイルの学割について

18歳下の申込者限定で「UQ学割」がスタートしました。

月額利用料金が2年間1,000円引きとなるオトクなサービスなので、対象になるのならぜひ申し込みましょう。条件は下記の通りです。

  • 新規またはMNP(au/au系MVNOからのMNP含む)
  • 契約時に登録した利用者の年齢が18歳以下
  • 「おしゃべりプランS/M/L」か「ぴったりプランS/M/L」の申し込み

さらに今なら「スマホデビュー応援キャンペーン」としてUQあんしんサポートやフィルタリングサービスのFilii(フィリー)などのオプションが最大3ヶ月無料で使えるキャンペーンも行っていますのでお子様の初めてのスマホや家族まとめて通信費の節約をするなら今がチャンスです!

申し込む前に抑えておきたいUQモバイルのポイント

テザリングはできるけど使い方に要注意

UQ mobileではAndroid端末に限りテザリングが利用できます。

ただ、テザリングでPCを繋ぐとスマホ単体よりも通信量が増えるためすぐにデータ量の上限に達してしまう可能性があるので、常時接続はオススメしません。WindowsやMacのアップデートが自動で動いてしまうと一気にデータ量を消費してしまいますし、あくまで緊急用として使えるという程度で考えておくほうがいいかもしれません。

PCに接続することが多いのであればデータ通信プランのみを契約してをモバイルルーターで使うか、それこそWiMAXを使うのがおすすめです。

UQモバイルの最低利用期間について

データ通信プランだと利用期間の設定はないのでいつ解約しても費用はかからないのですが、音声付きプランで契約した場合12ヶ月の最低利用期間が設定されています。

最低利用期間内で解約してしまうと契約解除料として9,500円が必要となりますのでご注意ください。

格安SIMに不安がある人はまずデータ通信プランでお試しするのもおすすめです。

なお、データ通信プランと音声通話付きプランの変更はできないため、まずはデータ通信プランで試してから解約して音声付きで再契約するのがよいでしょう。

try UQ mobileで15日間無料でお試しレンタルができる

UQモバイルは格安SIMの中でも珍しく無料でお試しできる「try UQ mobile」というサービスが存在します。

「端末+SIMのセット」や「SIMだけ」を無料で15日間使えるんです!

データ通信プランのみとなっていますがそれでも今持っているスマホが使えるのか、セットで買った端末がどんなものかを契約する前に試せるのは嬉しいですよね。

申し込みは公式サイトから必要事項を入力するだけ。
返却は郵便窓口に持っていくか対応しているコンビニに持っていくだけなので面倒な手間はありません。

速度やエリアに不安があれば、一度試されることをオススメします。

UQモバイルの申込み方法

UQモバイルはネットからの注文の他に全国の家電量販店などの店舗でも申し込みが行えますが私はネット注文にしました

店舗で即時開通できるのことは知っていましたが、UQモバイルはMNP切り替え時の不通時間も無いのでわざわざ時間を作って窓口まで行くメリットがなかったからです。

とは言ったものの、実はUQ mobileの契約は2台あるのですが1台はネットからもう1台はジョーシンの店舗で申し込みを行いました。

実際、店舗で申し込んでから受け取るまでの時間としては、もろもろの説明や切り替えの手続きなどで1時間半近く不通期間&待ち時間がありました。正直、無駄な時間を過ごしたなと・・・。

ネットでカンタンに開通まで行えるため、よほど店員さんに聞きたいことが無い限りネット注文をおすすめします。

【MNPの手順】

  1. auにて解約してMNPしたいことを伝え、予約番号をゲット。
    [電話番号]0077-75470 [受付時間]9:00~20:00
  2. UQ mobileの申し込み
  3. SIMが届くまで待つ(この時はまだauで繋がる)
  4. SIMが届いたら回線切り替え(この時点よりUQモバイル。メールを始めau系のサービスが利用できなくなる)
  5. SIMカードを差し替えてスマホのAPN設定を行う

1. まず電話でauのサポートセンターにMNP予約番号の発行をお願いするところからスタートです。解約することを伝えると、新端末の割引などの引き止めがありますがさくっとかわして予約番号をGETしてください。私は電話がつながってから10分位で予約番号をもらうことができました。

2. MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間なので忘れないうちにUQモバイルを申し込みます。

スマホ・PCのどちらでも注文ができるのですが、本人確認書類を撮ってアップロードしないといけないのでスマホからの申し込みがスムーズでおすすめです。サイトもスマホ用に最適化されているため、必要項目を選択/入力するだけなのですぐに終わります。

3. 申し込み後、本人確認等の処理が終わったらSIMが発送されます。最短で翌日発送と公式サイトに書かれている通り、私が申し込んだ時にも本人確認書類をアップロードした次の日に手続完了のメールと発送のメールが届きました。

4. SIMが届いたらmy UQ mobileにログインして回線切替の手続きを行います。

ちなみに、回線切替を忘れていてもSIMカードを発送した日の7日後に自動的に回線切替が行われます。(私はすっかり忘れていて、自動で切り変わりました・・・)

5. 回線が切り替わったら、SIMカードを差し替えてAPN設定というネットワークの設定をしてあげないと接続できません。

・UQモバイル ネットワークの設定方法

【Android】
[設定]の無線とネットワークの[その他設定]→[モバイルネットワーク] → [高度な設定]→[APN]もしくは[CPA設定]

設定項目名 詳細
APN名、アクセスポイント名 uqmobile.jp
APN、APN設定 uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 uq@uqmobile.jp
Password、パスワード uq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ default, mms, supl, hipri, dun

【iPhone】
下記の公式サイトからプロファイルをインストールする。Wi-Fiなどで接続してから行いましょう。
iOSの設定方法(iOS9)
iOSの設定方法(iOS7以下)
※端末の種類やOSのバージョンによって項目名が異なる場合があるので、詳しくは説明書をご参照ください。

注意点としまして。
回線を切り替えた後はauで使っていたサービスが一切使えなくなります。
例えば、スマートパスとかですね。

一番注意しないといけないのはメールアドレスが使えなくなることです。

最近はメアドを使うことが少ないとは思います。LINEなどで連絡が取れる人が別にいいのですが、メールでしかやりとりできない人には回線切替を行う前にメアドが使えなくなること、代わりのメールアドレスを連絡しておきましょう

と、いうのも、大手キャリアのメールはYahooメールやGmailなどのフリーメールを初めから受信拒否している設定なっています。UQモバイルになってからメアド変更のメールを送っても、そのメール自体がはねられる可能性があるのです。

なので、回線切替を行う前に新しいアドレスの受信許可設定を行ってもらうことを忘れないでくださいね。

現在開催されているUQモバイルのキャンペーン情報

現在、UQモバイルでは下記のキャンペーンやお得なプランを開催しています。

  • スマホデビュー応援キャンペーン(オプションサービス最大3ヶ月間無料)
  • UQ学割(18歳以下2年間1,980円)

また、当サイト限定キャンペーンとして下記のUQモバイル公式サイトからお申込みいただくと上記に加えJCBギフトカードを最大13,000円分プレゼント中です!

突然現れて突然なくなるキャンペーンですので、お早めにどうぞ!

キャンペーン付き公式サイト ⇒ UQモバイル

ちなみに、UQ WiMAXの電波は関係ない

青いガチャピンとムック(通称:ブルーガチャムク)がキャラクターのUQ WiMAX。家電量販店でも見かけることがあるのではないでしょうか

WiMAXといえば高速な通信速度が出る反面、室内では電波の入りがよくないといった一長一短なモバイルルーターです。

「WiMAXを提供する会社が格安スマホってことは、同じように室内では繋がりにくいんじゃないの」
「建物内で繋がらなかったらスマホとして使えないじゃん!」

そんな心配は全くの無用です。

確かに提供会社はどちらも同じUQ コミュニケーションズですが、UQモバイルはWiMAXの電波は使用しておらず、auの回線を使っています。なのでカバー率もauと一緒なんですね。

同じ『UQ』とついているため、WiMAXとサービスを混同される方もいるようなのですが、全く別物です。

まぁ、UQ WiMAXを使っている身としては割引などの特典があったらいいのになぁ〜、と思うのですが・・・。

さらに余談:実はUQモバイルとUQ WiMAXではCMキャラクターが違う

「UQモバイル、だぞっ」のキャッチフレーズで最近CMや広告などでよく見かけるようになった三姉妹とガチャピン、ムックですが実はUQモバイルとWiMAXとでは微妙にキャラクターが異なるのをご存知でしょうか?

深田恭子さん(長女)、多部未華子さん(次女)、永野芽郁さん(三女)は同じなのですがガチャムクがちょっと違うんです。

実はWiMAXの方のブルーガチャムク(ガチャピン・ムック)は結構昔からキャラクターとして採用されており、家電量販店などではPOPやグッズなどになっていました。

一方、UQモバイルの方はガチャピンがピンク色でママ役、ムックが青色でパパ役ということになっているようです。
私はポンキッキーズを見ていた世代なので色違いのガチャムクに違和感があるのですが、今の人はそんなことないんでしょうねぇ・・・。